現在位置:
 >
 >
営業は面白い!どんどん視野が広がる仕事

インタビュー風景

社員対談

営業は面白い!どんどん視野が広がる仕事

梅田真理(企画・営業)・橋本静香(企画・営業)

インタビュー風景

-今日はWEBサービスの営業職若手のお二人にお越しいただきました。それぞれ何年目で、今どんなことをやっているんですか?

橋本 新卒入社で3年目です。仕事はタイアップとアドテクまわり。広告枠をいかにマネタイズするかっていうのをひたすら計算したり、社外の新しい取り組みを探しに行ったりしてますね。広告の表示位置を変えることで結果が変わったりするので、いろんな視点から、どうしたらマネタイズがよりうまくできるかっていうのを考えています。あとはデイリーポータルZのタイアップ企画を一緒に作ったり、提案したりしています。

梅田 私は2年目。橋本さんの1年後輩です。やっている事としては橋本さんがおっしゃったことと基本同じなんですけど、私は主にパソコンの@niftyトップページとニュース、ココログを担当しています。そこの広告のマネタイズ最大化がミッション。タイアップはまだやっていなくて、デイリーの案件をちょこっと手伝わせてもらってます。

ニフティは自分で仕事が作れる。それがいいところですね。

インタビュー風景

-どうしてニフティを選んだんですか?

橋本 私は美術大学の出身なんですが、大学の先輩が多く入っていたのでよく話は聞いていたんです。美大出身の人が活躍できる会社で、ただ、デザインだけじゃなくて、企画や開発といった、デザイン以外のことにも目を向けられる環境が良いなと思って受けようと思いました。ほとんどWEB業界ばかりみていて、同業他社も受けていましたね。入ったときはデザイナー志望で、まずはデザインを学んでからという風に思っていました。

梅田 私も元からネット系メインで考えていて、同業他社もたくさん受けました。ニフティがいいなって思った理由は、人に優しいなって。他の企業とはすごく違うと思ったところです。人の扱いがひどいような企業のことも噂に聞いたことがあって・・・

-ネット業界がいいと思った理由は?

橋本 やっぱり、自分が実際にネットをよく見ていたからですね。

梅田 私も学生時代にインターネットを使った活動をしていて、元から興味があったんです。それから、他の業界よりも自由だなって思って。たとえば、自分発信でいろんな仕事ができる。やらされる感じじゃない。

橋本 WEBサービス営業部では、会社が運用してるWEBページの広告ビジネスによるマネタイズはほぼ全部やっているんですが、基本的に個人個人で動いていて、自分達で「この会社が良さそうだな」って思ったら会いに行って、自分の提案を上司が認めてくれれば、そのまま動いていいよっていう感じになります。

梅田 WEB業界以外の会社だと、職種にもよると思いますが、上の方の指示に従って仕事をするイメージがあるんですけど、ニフティは自分で仕事が作れる。それがいいところですね。

-チームの雰囲気はどんな感じですか?

梅田 仲はすごくいいですよね。

橋本 そうですね。チームとしてはリーダー含めて3人が営業で、そのほかに配信担当が2人います。もうね、家族みたいなんですよ。言いたいこともちゃんと言えるし、すごく空気がいいです。

-学生時代に一番力を入れていたことは何ですか?

橋本 学園祭の実行委員をやってました。1年から3年までやっていて、4年目は展示で参加。あとはやっぱり、作品を作ってばかりいましたね。

梅田 私は大学と全然関係ないんですけど、課外活動のサークルのような感じで、常に情報発信をしてました。フリーペーパーを作ってみたり、動画作ってネットで流してみたり。そういう活動をずっとしてました。

-学生時代にやってきたことが会社で活かされてるなって思う時はありますか?

橋本 学園祭の実行委員では、社会人の方と対話する機会があったので、それに慣れてたっていうのはありますね。その時に広報もやっていたので、知らない相手に電話をかけるのも、最初からそんなに怖くなかったです。あとは、団体で話し合っていろんなことを決めていくことですね。それは仕事でも常にあることですから。どんな伝え方をしたら、その人が自分の意見を通してくれやすくなるかとか、そういうことはずっと活かされていますね。

梅田 私もフリーペーパーや動画を作ったりする中で、社会人の方にインタビューさせていただく機会が多かったので、人と話すっていうところは苦手意識がなくて。それは今も活きてると思いますね。

希望と違う配属が決まったときには不安になったりもしたんですけど、今は自分の成長をすごく実感してます。

インタビュー風景

-学生の時とくらべて、どうですか?充実してますか?

橋本 今が人生でいちばん充実してますね。時間の密度が高いです。

梅田 私もそう思います。すっごく楽しくてしょうがないです!学生の時は働くのなんてぜったい嫌だと思ってたんですけど(笑)

橋本 すごい人と一緒に仕事ができて、常に新しい発見があるので、自分で言うのもなんですけど、成長していくのがわかりやすいですね。

-橋本さんは希望と違う配属になったと思うんですけど、どうですか?最初からデザイナーになるよりよかった?

橋本 それは思いますね!最初に配属が決まったときにはやっぱりちょっと、今後の人生が、道がわからなくなって不安になったりもしたんですけど、やっぱり人事の方から適性を見てもらったり、部署の人からも向いてるって言ってもらったりもしたので、まあ、向いてることやった方が良いのかなっていう気持ちもあって。あとはもう、やりたいことは個人でやろうって思って。

梅田 私はサービス企画がやりたかったので、希望どおりの職種かって言われたら△くらいなんですけど、WEBサービス事業部に来たかったので、その面では希望通りです。今は充実してますね。楽しいです。営業っていう仕事ができるかどうか自信はなくて、そこはすごい不安だったんですけど、学生の時から社会人の方にお話を聞いてたりして、人にすごい興味があったので、いろんな人に出会えて、いろんな人の話が聞けるのは楽しいです。

-今実際に営業の仕事をやってみて、最初に持っていたイメージと違いはありますか?

二人 違いますね。

梅田 いっぱい電話かけて、いっぱい売りに行って、怒鳴られて、詰められてみたいなイメージでした。うちの営業はそういうのが少ないですよね。

橋本 今はもう、そういう「飛び込んで売る」みたいな感じじゃなくて、ネットワークの広告配信がメインなので、Excelとかで事前に計算して予測して、ダメならその経験値を次に活かすっていう感じですよね

続きを読む

サテライト研修が印象に残ってます。研修で学んだことを実践する場だったからだと思いますね。

インタビュー風景

-新人研修で印象に残っている研修はありますか?

橋本 私は、2泊3日の社会人基礎研修が一番印象に残っているかもしれない。すごく厳しくて、思いっきり詰められました。

梅田 今でもよく話しますよね、あの研修のこと。

橋本 その時に一番印象的だったエピソードがあって。その研修の時は、まだ入社して1ヵ月も経っていないので、初めて会ったくらいの、新卒の同期メンバーと一緒にやっているんです。研修中、グループワークを終えた後に、言いたいことを全員でちゃんと言いましょうっていう時間があって、その時、同期の男の子に、「橋本さんは意見をぶつけたいのか、感情をぶつけたいのかわからない」って言われたのがすごい図星で。そこで、自分がものを言うときには常にその言葉を頭においておこうって思ったんです。確かに自分自身でも、意見を言いたいっていうよりも「感情で言い負かしたい」みたいになっている時があったんですよ。性格的に目的がすり替わっちゃってる部分があるなっていうのを、その時にすごく自覚できたのが印象的でしたね。入社して1ヵ月以内なのに、同期から見抜かれてた。

梅田 私はサテライト研修ですね。どの研修よりも自分が成長したなって思いましたし、楽しかったです。一番は研修で学んだことを活かせたこと、実践する場だったことだと思いますね。社会人基礎研修とか技術研修とか、他にもいろいろな研修があったんですけど、そういう研修とくらべると、たとえば話す能力だったり、自分の得意なことが活かせる研修だったので、すごく楽しかったですね。

最近、自分のキャラクターでアプリのゲームを作って、TwitterとかFacebookページ、LINEスタンプも出しました。

インタビュー風景

-普段、プライベートではどういうことに興味がありますか?

橋本 プライベートでは、自分のキャラクターをいかに売るか!ってことを常に考えてます。キャラクター作りが好きで、自分のキャラクターを使ってアプリを作ったんです。Twitterとか、Facebookページとかをスタートして、LINEスタンプも出しました。ただ、なかなか売れないし広がらないので、そこで認知度あげるにはどうしたら良いかっていうのを、ずっと考えてます。

梅田 お酒は好きです。朝まで飲んでるのはしょっちゅうですね。家は遠いけどそこから毎日通ってます。1時間ちょっとかかってますね。生活スタイルは安定してますね。

-自己研鑽は何かやっていますか?

橋本 代理店の方とか、クライアントの方とFacebookで繋がることがすごく多いんですよ。そういう方達はとても意識が高いので、シェアしてくれたいろんな記事を読んでます。それから最近、ひたすら本を読んでますね。シリコンバレーのサービスに投資していかに大きくしたか、とかそういうジャンルで。

梅田 そうですね・・・常に先輩の動きをみるようにしてますね。新人っぽく見えないように、先輩の振る舞い方をマネしようと思って。橋本さんの電話とかすごい聴いてます。

もっと世間から見えるレベルの仕事をやって、広告賞とかを取れるような、1ランク上の仕事ができるようになりたいと思ってます。

インタビュー風景

-今後どういうキャリアを考えてますか?

橋本 今やってる仕事、特に企画の仕事を、もっと上のレベルに持っていきたいです。デイリーの案件については、今はまだデイリーの方々にひっぱっていただいている状態なので、まだ自分が企画を出して実行するところまでは全然できていないんです。サービスを説明する時にも、今ひとつ良さを伝え切れなくて。担当者レベルでは「やりたい」って言ってもらえても、上層部までは話を通せなかったりということがよく起きるんです。そういうところを営業がもっとサポートして売れるようにしたいって今すごく思ってます。「何のために営業がいるのか」っていうところを示せるような仕事ができるようになりたい。

梅田 私は今2年目なんですけど、1年目が新人研修だったので配属されてからはまだ1年目なんです。なので正直、将来を考えるところまでは行けていなくて、どうしたら「仕事ができる人」と思ってもらえるのかを日々考えてます。

-では具体的に、4年後にはどうなっていたいですか?

橋本 4年後は28歳ですね。世の中的に見て、もっと評価軸が高いレベルにいきたいなと思っていて。それこそ、デイリーの広告だったら本当は広告賞とか、そういうものを取れるところにいると思うんですけど、今はまだうまく売り込めていないんじゃないかと思っているんです。今は最低限のことはできてるかもしれないけど、それってたぶんまだ世間から見えてないレベルなので、それをもっと世間から見えるレベルまで持ち上げられたらいいなと思ってます。そういう、1ランク上の仕事ができる状態に4年後にはなっていたいと思ってますね。

梅田 まずは人から安心して仕事を任せられる人になりたいですね。結婚願望は今のところまだないです。以前はあったんですけど、楽しく働いている内に薄れてきてしまって。今は自分のために生きてるのが楽しくてしょうがないんです。

橋本 社会人は面白いですね。特にこの業界の仕事は面白いと思います。いろんなジャンルで何かに打ち込んでいる人たちと仕事をする機会が多いので、自分の視野が広がって行くのがわかります。

社員紹介

  • 橋本 静香 橋本 静香 企画・営業 WEBサービス
  • 梅田 真理 梅田 真理 企画・営業 WEBサービス

ページトップへ