2017年夏季インターンシップ受付中! 2017年夏季インターンシップ受付中!
現在位置:
 >
 >
企画・営業:上田 真弓

社員写真

企画・営業 (管理職) MayumiUeda 上田 真弓 WEBサービス 2000年(中途採用)

マネージャー(幹部社員)になるということ

仕事もある程度わかり、自信がついてきた30歳くらいの頃から、さまざまな方針や目標について「自分だったらこうしたいな」と思うような場面が増えてきました。
そこで、「自分のやりたいことを実現するために幹部社員を目指そう」と思い、ちゃんと成果を出し続けることをあらためて意識しました。特に育児休職から復帰してからは先を見通しながら半期ごとに目標を立て、短いスパンでしっかり成果を出すことを心がけました。
幹部社員になってよかったことは、自分で意思決定できる範囲が広がったので、今まで以上にやりがいとスピード感をもって仕事が進められることです。また、当然ですがチームメンバーへの責任はすごく感じます。楽しくやりがいを持って働けるように、一緒に考え、支援していくのも自分の大切な役割だと思っています。今は、これからリリースする新サービスの立ち上げや、検索やココログの数値管理をしながら施策や方向性をメンバーと一緒に考えています。
一般社員の時とくらべると、やはりすごく忙しくなりました。子育て中なので、限られた時間との勝負。業務中は密度の濃い、充実した時間を過ごしているので、寝る時には「今日も終わったぞ!」という充足感があります。

短時間勤務、在宅勤務の制度について

育児休職から復帰してすぐは、短時間勤務の制度を利用しました。初めての育児の負担に加え、仕事との両立にとても不安だったのですが、この制度があったおかげで比較的スムーズに復帰することができました。
ニフティでは2時間までの短縮勤務ができるので、最初は5時間45分勤務で復帰し(フルタイムは7時間45分)、徐々にペースがつかめて来たころに、週に1日の在宅勤務も取り入れて通勤時間を業務に充てるなどして、勤務時間を増やしていきました。結果として、ほぼフルタイムの9:30~18:00の勤務をすることができるようになりました。短時間勤務も在宅勤務制度もワークとライフのバランスをとるのに非常にありがたかったです。
また、在宅勤務については、いつか自分に部下ができたときに、制度を利用する部下のマネジメントにも役立てたかったので、自分で体験してみたかったという目的もありました。実際に体験してみることで、部下の置かれた状況や気持ちを理解でき、安心して働いてもらえるのではないかと思っています。

社員写真

印象に残っている仕事は?

以前、フィーチャーフォン向けのサービスをたくさん立ち上げたのですが、結局長く続くサービス1つも残すことができませんでした。TwitterやFacebookに近いサービスもあったのですが、なぜダメだったのかをずっと考え続けています。今、ああいったサービスが世界中の人々に使われているのを見ると、とても悔しいです。タイミングや運もあると思いますが、やはり知恵や実力が足りなかったのだと感じます。
いつかリベンジできるサービスを作りたい。もう一ひねり、その先にある一線を越えるのが難しいですが、でもニフティでならきっとできると信じて、あきらめずにチャレンジを続けたいです。

社員写真

あなたにとってニフティとは?

チャレンジさせてくれるところ。今までやったことがなかったり、ムリかもと思うようなこともやらせてもらって乗り越えてきたので、これからもチャレンジしたいと思えます。

座右の銘

「現状維持は後退なり」
20代後半の頃、自分としてはやりたかったWEBサービス企画の仕事をさせてもらえて、面白かったし、ある程度満足していた時期があったんです。頑張っているつもりでしたが、結果としては現状維持をしているだけだったんですね。その時に上司から言われた言葉です。
「常に進歩していないと、それは後退していることと一緒だ」と。周りが進歩、成長している中で自分が同じところにいたら、それは「後退している」ことと同じなんですよね。
その後、仕事をしていく中でそれを実感することが何度もありました。今でも、自分が迷ったり、弱気になったりしたときにこの言葉を思い出して自分を戒めています。厳しい上司で、7~8年一緒に仕事をして、褒められた記憶はほとんどないですが、そのおかげで今の自分があると思っています。
一時期、その上司が「一蓮托生」という言葉をよく使っていて、チームプレーで成果を出すことに重きをおいていました。幹部社員になった今、それを良く思い出します。みんなで目標や成長に向かって邁進しながら、結束が高まっていくような、そんなチームビルディングを目指してやっていきたいです。

休日の過ごし方は?

子供と公園にでかけたり、家でワインに合う料理を作って、休日ならではのちょっと豪華な夕食を楽しんだりしています。いつか会社にワイン部を作りたいです!

プライベート写真
社員写真

一日のスケジュールは?

スケジュール画像

あなたに起きた「Change!」とは

結婚、出産をして新しい生活者視点が加わったことですね。
仕事も独身時代は後からいくらでも挽回できたのに、今はその時間の余裕がないので時間に対する価値観も変わりました。生活のステージが変わる=視点が増えるということなんだな、と気づきました。これはすごくよかった。自分もいちユーザーとして、これまでとは違ったサービスのニーズに気付くことが増えました。
人って、誰かの役に立ったり、社会と関わりを持つことがすごく大事ですよね。たとえば、今までつながりのなかった60歳以上の人たちと20~30代の人たちのつながりを作って、新しい発見をしたり、互助ができるとか、そういうインターネットならではのサービスを作っていきたいです。

今後入社するみなさんへのメッセージ

周囲に期待するのではなく、自らが変えていくんだという気持ちを常に持ち続けていきましょう。

社員写真

シェアする

ページトップへ