現在位置:
 >
 >
コーポレートスタッフ:中嶋 俊

社員写真

コーポレートスタッフ ShunNakajima 中嶋 俊 2011年(中途採用)

現在の業務内容

ニフティ単体/グループ連結の決算数値作成や、決算短信・四半期報告書・有価証券報告書や会社法計算書類など各種決算開示資料の作成をしています。その他、新規サービス開始時には現場の方と一緒に経理処理方法を検討したり、社内で使っている会計システムの新規機能の開発・保守にも携わっています。
全体の集計を行うのは経理部の仕事ですが、一つひとつの伝票入力などをするのは現場の人です。他部門の人にとってはそれがメイン業務ではないので、入力内容に不備があった際など気持ちよく対応してもらうために、普段から誠意をもって対応し、コミュニケーションを大切にするよう心がけています。

座右の銘

利他。
自分だけでなく、周りの人たちの利益になっているかを考えて行動しています。

社員写真

ニフティに入社した理由は?

前職ではコンサルタントとして会計パッケージシステムの導入・保守やほかのパッケージシステムと組み合わせたソリューション提案などを行っていました。
もともと会計の勉強はしていて簿記の資格なども持っていましたが、仕事を進めるなかでそういった知識だけで提案をすることに限界を感じていたところに、ニフティ出向の話が来ました。「経理の現場に飛び込んで実務を経験したい」と思い手を挙げたのが、ニフティへ来ることになったキッカケです。
こちらへ来てみて、会社のアットホームな雰囲気と、正社員・出向社員分け隔てなく仕事を任せてもらえることに居心地の良さを感じました。また、コンサル時代は比較的年齢が高めの経理部門責任者の方がお客様になることが多かったのですが、ニフティでは責任ある開示業務などを自分に任せてもらえたことにやりがいを感じ、出向元と相談してニフティに入社することを決めました。

社員写真

気分転換

飲みに行く。
海を見る。
サウナで汗をかく。

仕事のやりがい、印象に残ってる出来事

上場企業での責任ある開示業務を任せてもらっているところにやりがいを感じています。
初めて自分が作成に携わった決算短信が、東京証券取引所のサイトで開示されたときのことは特に印象に残っていますね。翌日には新聞などのメディアにもニフティの決算情報が掲載され、ミスが絶対に許されない重要な仕事であることを再認識しました。今はIFRS(国際財務報告基準)対応なども行っていて、経理の最先端の知識が得られる現場で働けていることで自分自身の成長を感じることができます。
また、カイゼン活動が好きなので、日々の仕事のなかでも「業務フローのあるべき姿やコスト削減策など」を意識しながら「改善すること、よりよい方法を考え実現すること」を目指しています。

あなたに起きたChangeとは

転職により職種が変わったことです。
前職のITコンサルティング会社ではコンサルタントとして会計システムの提案を行うなど、SEに近い仕事をしていました。コンサルティングの仕事はさまざまな業界のいろいろな立場の方とお会いし、一緒にお仕事ができるという面白さがありますが、お手伝いできるのは「提案」まで。実際に業務改善をするのは現場です。
事業会社の経理の現場に入り、経理業務や社内システムの入れ替えなどを自分が手を動かしてやる楽しさを今は感じています。今後は経理だけでなく、さらに広い視野を持って会社に貢献できるよう周辺知識をもっと身に付けたいと考えています。
そこで、最近取得した中小企業診断士の資格に続き、基本情報技術者にも挑戦してみるつもりです。最終的にはCFO(最高財務責任者)のような立場で経営全般に携わりたいですね。

プライベート写真
社員写真

一日のスケジュールは?

スケジュール画像

休日の過ごし方

きれいな海を見ながらビール。
雪山でスノーボード。
日帰り温泉。
漫画、勉強。

あなたにとってニフティとは

「自分を成長させてくれる場所」です。
責任ある仕事を任せてくれることもそうですが、例えば中小企業診断士として登録されるためには実務補習というものを受ける必要があります。これは数日間かけて実際の企業の経営診断を行うものですが、その数日間はニフティでの仕事に穴を開けることになります。にも拘わらず上司からは背中を押してもらえました。
経理チームは年齢層も比較的近く人間関係は良好です。会社全体でも良い人が多いし、カジュアルな服装で働けるところも魅力ですね。
歴史的にニフティはストックビジネスを展開してきて借金のない会社なので、仕事の仕方に余裕を感じられるところが、良いところでもあり悪いところでもある。
他社なら借金をしてまでリターンを追求するところ、ニフティでは投資対効果という部分でゆるさを感じることもあります。このあたりを今後変えていけたら良いですね。

社員写真

ページトップへ