現在位置:
 >
 >
企画・営業:佐々木 雅彦

社員写真

企画・営業 MasahikoSasaki 佐々木 雅彦 接続サービス 2010年(新卒採用)

現在の業務内容

スマートフォンサービス「NifMo」のサービス企画を担当しています。2014年3月に、それまでいた部門を離れてタスクフォース(経営課題を解決するための短期集中チーム。以下 TF。)に参加して、スマートフォンサービスの事業検討・NifMoのサービス化に向けて取り組んできました。
2014年11月のサービスリリース後は、NifMoの商品企画・マーケティング・施策検討などをミッションに取り組んでいます。実際にシステム開発をしたり、販路開拓をしたり、顧客サポートを行うのは関連する他部門になり、僕の所属するMVNO推進部はその旗振り役、各部門のハブの役割を担っています。

趣味・気分転換

みんなでビールをよく飲みに行きます。特にベルギービールが好きで、好きが高じてアドバイザー資格を取得しました。料理に会うビールを提案したり、ビールの歴史について語ったり...モテそうですよね(笑)

社員写真

TF立ち上げから事業立案まで

TFのリーダーから声をかけてもらい、参加することになりました。きっかけは・・・唐揚げ好きつながりですかね(笑)。というのは冗談ですが、異動前に一緒に仕事をしたこともあり、当初から一丸となって取り組むことができたと思います。事業検討フェーズでは、「ニフティがお客様に提供すべきサービス」をゼロから一生懸命に考えました。この時期は事業検討をしつつ、多くの企業へ出向いて事業計画のための情報収集や、新規協業の商談を行っていました。毎日数社を訪問し、ほぼ出ずっぱりでしたね。スマートフォンサービスでニフティは後発でしたが、「ニフティだったら」と前向きに対応いただける企業が多かったのが、強く印象に残っています。ニフティの企業ブランド・イメージをさらに向上できるよう、努めていきたいです。

社員写真

休暇の過ごし方

昔からF1レースが好きで、大学生になってから毎年、日本グランプリを現地観戦しています。レース内外で繰り広げられる人間ドラマが魅力です!

仕事をするうえで大事にしていること

どんな仕事でも同じだと思いますが、関係者に働きかけて周りからの協力を引き出すことが大事だと考えています。協力を得るためには、企画の内容を論理建てて説明することはもちろんですが、自分たちのビジョンに共感して一緒に汗を流してもらえるよう働きかけていくことも、実はとても大切なんじゃないかなと思うんです。NifMoの立ち上げは、事業部を超えて非常に多くの関係者が関わり、一丸となって取り組んだプロジェクトだったので、特にこの事を強く感じました。

あなたに起きた「Change!」とは?

企画担当としてNifMoの立ち上げに参加できたことです。それまでもサポート部門でコールセンターのセールス窓口運営に携わり、施策実施のお手伝いをしてきましたが、サービス企画にもっと深く関わりたいと考えていたので、それが実現した形です。
今後「格安スマホ/格安SIM」の市場認知が高まるなかで、サービスの差別化がよりいっそう重要になってくると考えています。NifMoではサービスイン時より独自サービスとして「NifMoバリュープログラム」を展開し、ご好評をいただいていますが、今後も付加サービスをどんどん発展させ、「次世代ローコストスマホ」としてのポジションを確立できるよう、企画に邁進して行きたいですね。

プライベート写真
社員写真

一日のスケジュールは?

スケジュール画像

ニフティの良くないところは?

ストックビジネス(接続サービス)で定常的に収益があり、それに甘えてしまうことがあるようにも感じます。既存のビジネスやお客様を大切にしながら、さらに、新しいことにも積極的にチャレンジしていきたいですね。

ニフティの良いところは?

以前の部署でも、NifMoの立ち上げでも、多くの先輩社員にサポートしていただきました。この採用サイトでも、比較的若い人がフィーチャーされがちだと思いますが、若手が精力的に仕事をできるのは、実績やノウハウのある先輩社員の支援があってこそだと思います。まずは自分自身が責任をもって仕事を出来るようになった上で、今後は自分がまわりの手助けもできるようになって、みんなで一緒に頑張りたいという気持ちがあります。仕事仲間を大切にする文化が、ニフティの良いところだと思いますね。

社員写真

ページトップへ