現在位置:
 >
 >
企画・営業:松田 俊輝

社員写真

企画・営業 ToshikiMatsuda 松田 俊輝 2016年(新卒採用)

ニフティに入社を決めた理由は?

ニフティの選考を受けていた友人から薦められて、説明会に参加したことがきっかけでニフティを知りました。その友人とは残念ながら一緒に働くことは叶わなかったのですが(笑)
他社の説明会は人事担当1名に対し大勢という構図が多かったですが、ニフティは丁寧に1対1で対応してくれました。「会社を受けてくれた学生にとっても、意味のある時間になるように」と真摯に向き合ってくれる姿勢に感銘を受け、本当に良い会社だと思いました。当時はまだ明確にはやりたいことが定まっていなかった自分にとって、この社風が入社の決め手となりました。

現在の担当業務は?

ISP商材とNifmoのWEBプロモーションを担当するチームに所属しており、メイン目標は会員獲得です。
その中で私はリスティング広告、ディスプレイ広告、記事広告の出稿、キャンペーン企画や予算管理を担当しています。
今までは広告出稿の運用を広告代理店にお願いしていましたが、夏以降は内製化してグーグルやヤフーといった媒体と直接契約をし、自分たちの手で広告出稿を行っています。また、商材の訴求軸や販促の効果的なタイミングを検討するために、企画側との調整も行っています。より多くの会員獲得のために、適切なプロモーション設計を行うことが目標です!

社員写真

配属後最初に任された仕事は?

配属されて1ヶ月で、新規サービス「@niftyでんき」のプロモーションをメイン担当として任されました。施策立案や予算管理から、企画担当者との連携まで、全てを自分主体で考えてみるようにミッションをいただきました。
新電力サービスは、市場自体もまだまだ発展途上ですし、新サービスなので社内にもあまりノウハウがなく、一から手探り状態で作り上げていくのは非常に大変で、かなり悪戦苦闘しました。でも、先輩方にアドバイスやフォローをいただきながらですが、何とか予算を達成することができたときは本当に嬉しかったです!予算ぎりぎりでしたが(笑)
現在は異動がありサービスを担当したのは短い期間ではありましたが、収益構造や予算の立て方を知り、ストックビジネスの基礎的な部分を一通り学ぶことができました。

嬉しかったエピソードを教えてください。

@niftyでんきに携わった際に、自分の部署だけでなく企画担当のチームの方々とも
年次に関わらず良い関係性を築けたことです。
担当業務はどれも一人で完結するものではなく、周りの人といかに手を組んで効果を上げるかが大事になってきます。そういう意味で、部署が違う人たちとも仲良く、密に連携しながら仕事をすることができました。

職場環境について教えてください。

今のチームは、自分を含めて5名体制なのですが、私と課長以外の3名は「ママさん」で、育児に奮闘中の方に囲まれています。
実は最近5人で交換日記を始めました!お子さんのお迎えがある方も多いので、効率的に業務を終わらせる必要があり、なかなか仕事以外の話をする機会が無く、コミュニケーションをとるためにどうしたらよいかと考えていました。そんな時、ふと文房具屋で交換日記を見かけ、これだ!と思いました。皆さんを誘ってみたところ、最初は「え~」という反応でしたが、いざ始めてみたらものすごく丁寧に書いて下さって(笑)
皆さんの知らなかった一面を知ることができるし、次はどんなこと書いてくれるかな、と楽しみです!

ちょっと余談ですが…

旅行が好きなので、月に1回はどこかしらに出かけています。
有給休暇も取りやすい環境なので、オン/オフのメリハリをつけながら働けますよ。
また、最近ウクレレを始めたのですが、社内のメンバーと会社帰りにカラオケにウクレレを弾きにいったりもしています。
ニフティの社員は、仕事もプライベートも充実させている人が多いと思います。

一日のスケジュールは?

スケジュール画像

こんなことを心がけています。

仕事が溜まって余裕がないときとか、うまくいかずに悩んでいるときも、できる限り「機嫌のいい人」でいようと努力しています。
というのも、目標にしている先輩社員がまさにそんな方で、どんな時でも周囲に丁寧に真摯に対応されています。今の部署では自分一人で完結する業務は一つもないので、周りから協力を得るために非常に大切な心がけだと思います。
そういう人の方が仕事を頼みやすいですし、相談もしやすいですよね。自分もそうありたいと思っています。ただ、ちゃんと実践できておらずまだまだ修行中の身ですが…(汗)

ページトップへ