現在位置:
 >
 >
企画・営業:林 謙治

社員写真

企画・営業 KenjiHayashi 林 謙治 2012年(新卒採用)

就職活動について

就職活動中は業界全般を知りたいという気持ちから、金融や自動車会社など様々な企業を受けていました。
その当時感じたのは、インターネットビジネスは、いま勝っている会社が5年後も勝ち続けているとは限らない、変化の激しい業界である分「チャンスがある」ということ。業界によって、働いている人や会社の雰囲気がそれぞれ異なっていることを感じ、ネット系の会社が自分にあっているな、と感じましたね。

ニフティに入社を決めた理由

わたしは大学の学部は文系ですが、小さい頃からゲームやパソコンが好きで、小学生でWEBサイトを構築するなど、技術に触れており、大学生のときには、はまっていたカードゲームの勝率計算で使うためのツールを自分で作成したりもしていました。
就職するにあたり、開発もできる企画営業になりたいと考え、そのどちらにも仕事で携われそうな環境がニフティにあると考え、入社を決めました。

社員写真

現在の業務内容は?

現在は、新規顧客獲得と解約抑止のためのマーケティングや、キャンペーンなどの新規施策の企画~実施までを担当しています。
すでにニフティをご利用いただいている会員のみなさまに、ニフティを使うメリットをより感じていただくための施策や、新しく会員となっていただけるような新規サービス企画やキャンペーンを考え、これらの施策が実現できるよう、様々な部署と協力しながらリリースに向けて動いています。
現在も春のリリースを目標に、新しいサービスを考案中です。

一番達成感を感じる瞬間は?

自分が携わったサービスの、リリースがようやく見えてきた瞬間が一番のピークです。
入社4年目で立ち上げに参加した【@niftyでんき】では、料金設計やお客様への打ち出し方の考案など、サービスの詳細を決定する役割を担当しました。
ニフティでは、インターネット接続事業を基盤としながら、携帯サービスのNifMoや家庭のセキュリティを守るスマートサーブといった生活に密着したサービスを展開しています。生活における新しい価値を提供できるサービスがないか考案しているタイミングで電力自由化が決まったことから、@niftyでんきはスタートしました。
そのため、電気事業について社内に知見がほとんどなく、電力市場の規制や電気料金の体系など基本的なことから理解する必要があったため、電力事業者へのヒアリングや、市場調査から着手しました。企画職の仕事は、「これやりたい!」を考えるのは全体の1割ほどで、あとは実現するための地道な作業がほとんどです。
実現までに1年以上かかったプロジェクトではありましたが、リリースが見えてきたときには「やっと終わったー!」と、ものすごい解放感を感じました。
最後に、自分が携わったサービスが世にでることは、やっぱり面白いですね。1日100人以上の申し込みが数字で見えるなど、結果がダイレクトに表れることにも、やりがいや面白さを感じられます。

学生時代に力を入れて取り組んだこと

論文、めちゃくちゃ書いてましたね。
いまでも論文検索サービスで検索したらでてきくることが自慢です。
あと、さらに自慢なんですけど(笑)、論文で取り上げたテーマの領域ではかなり有名な本の中で自分の書いた論文が引用されて、参考文献箇所に私の名前が掲載されています。
ちなみにこの話は、就活の面接で”勉強していました”アピールとしてネタにしていました。
実際、半年間毎日12時間くらい勉強して書いた論文だったのですが、実はこの経験が今の仕事ですごく役に立っていると感じています。

こういう人と働きたい!

好奇心が強い人、がいいですね。
仕事では時に、自分が興味のないテーマや、好きではないものに携わることもあります。
特に当社はサービスの種類が多いため、自分の価値観にこだわりすぎず、なにごとにも好奇心をもって取り組める人にぜひ来てほしいです。

一日のスケジュールは?

スケジュール画像

学生の皆さんへのメッセージ

企画の仕事は大変ですが、自分が携わったサービスが世にでることは本当におもしろいし、実施した施策の効果をダイレクトに肌で感じられるなど、やりがいはたくさんあります。
自分の範囲を超えて興味を持てる方、ぜひ一緒に働きましょう!

ページトップへ