ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2007年度上半期 > プレスリリース > 本文

ニフティ、「Game@nifty」でカジュアルゲーム内広告の配信を開始

プレス

2007年4月10日
ニフティ株式会社

ニフティ、「Game@nifty」でカジュアルゲーム内広告の配信を開始
〜スクウェア・エニックス提供のステージ間広告配信が可能なゲームを活用〜

ニフティ株式会社(社長:古河建純、東京都品川区、以下ニフティ)は、株式会社スクウェア・エニックス(社長:和田洋一、東京都渋谷区、以下スクウェア・エニックス)の提供するステージ間の広告配信が可能なカジュアルゲームを、ニフティのゲームポータルサイト「Game@nifty」(http://game.nifty.com/)で配信します。
4月10日(火)からテスト配信を開始し、今後順次コンテンツを拡充していきます。「Game@nifty」内で提供するカジュアルゲームは無料です。

カジュアルゲームとは、パズル、アクション、カードゲームなど、ルールがシンプルでだれでも簡単に遊ぶことができ、ちょっとした時間でも気軽に楽しめるものです。海外でのカジュアルゲームの利用者は、男性以上に女性が多く、今後日本でも同様の拡大が見込まれます。

今回配信を開始するカジュアルゲームは、ゲームのステージ間でユーザーが自然に手を休める"Natural Break"と呼ばれる間が発生する点に着目し、ステージ間に広告を配信することにより、ゲーム性を損ねることなく強い印象を残すことができる広告媒体となっています。

今後ニフティでは、スクウェア・エニックスの協力を得てカジュアルゲーム内の広告配信に関する分析を行い、ゲームポータルサイトに留まらないゲーム広告事業の展開を模索していきます。

<各社の概要>
・ニフティ株式会社(URL:http://www.nifty.co.jp/
ニフティ株式会社は、インターネットサービス「@nifty(アット・ニフティ)」を運営するインターネットサービス事業者です。"With Us, You Can."のスローガンのもと、ブロードバンド時代に即した高品質かつ安心・安全なサービスの提供を通じて、お客様の日々の生活をより便利かつ豊かに変えていくための支援をしています。

・株式会社スクウェア・エニックス(URL:http://www.square-enix.com/jp/
株式会社スクウェア・エニックスは、エンタテインメント分野において、創造的かつ革新的なデジタルコンテンツのヒット作品を生み続けるリーディングカンパニーです。代表作「ドラゴンクエスト」シリーズはこれまでに4,100万本以上、「ファイナルファンタジー」シリーズは7,500万本以上の世界出荷を記録しています。また、「スペースインベーダー」、「パズルボブル」など、名作カジュアルゲームで知られる株式会社タイトーは、スクウェア・エニックスの完全子会社です。

以上

ゲーム内広告に関するお問い合わせ先
E-mail: nifty-ad@nifty.com

製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。