ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2007年度上半期 > お知らせ > 本文

ニフティ、ブログサービスを対象にした投票サービス「@nifty 投票β(ベータ)版」を開始

お知らせ

2007年7月3日
ニフティ株式会社

ニフティ、ブログサービスを対象にした投票サービス「@nifty 投票β(ベータ)版」を開始
〜コメント・トラックバックにつぐ、投票でつながる新しいコミュニケーション手段 〜

ニフティ株式会社(社長:和田一也、東京都品川区)は、同社の運営するインターネットサービス"@nifty(アット・ニフティ)"にて、ブログサービスを対象にした投票サービス「@nifty 投票β(ベータ)版」の提供を7月3日(火)から開始します。

本サービスは、利用者とともにサービスを発展させる取り組みを紹介する「@niftyラボ」の紹介例の1つとして、β版サービスから提供を開始します。

「@nifty 投票β版」は、誰でも簡単に投票形式を作ってブログ記事上に貼り付けることができるサービスです。作成した投票形式には、ブログ読者はワンクリックで回答することができ、投票結果はブログ記事上で円グラフ表示されます。
また、ブログに貼り付けやすいデザイン・サイズを使用することで、ブログ記事の一部として投票結果を閲覧することができます。

また、利用者は投票形式の共有機能を利用することで、自分が作成した投票形式を他のユーザーに共有、または共有禁止することができます。さらに、同サービスのトップページに自分の投票形式を公開することができ、ブログ読者にかかわらず全インターネットユーザーに向けて自分の投票形式を公開ができます。

今後、「@nifty 投票β版」が書き手と読み手をつなぐ、新しいコミュニケーションツールになるように、ユーザーのご意見やご要望を取り入れ、ブログユーザーにとってより面白く、使いやすい機能拡張を図っていきます。
<「@nifty 投票β版」のサービス概要>
○サービス開始日
 2007年7月3日(火)
○利用対象者
 インターネットユーザー
 ※投票形式の作成には「PLEASY ID」の登録が必要です。
○利用料金
 無料
○URL
 http://vote.nifty.com/
○主な特長
・投票形式を使ったネタ収集
記事のネタに困ったときに、読者に向けて簡単なアンケートとして投票形式を作成し、読者からの投票をもとに新たな記事の作成に役立てることができます。

・ブログ価値を高めるリアルタイムコミュニケーション
記事作成時に投票形式を作成し貼り付けることで、投票することを通じてブログの読者とコミュニケーションをとることが可能です。また、ブログ読者はワンクリックで投票に参加できるので、リアルタイムに書き手と読み手が繋がります。
「コメント」「トラックバック」といったコミュニケーションだけでなく、投票を通じた、3番目のコミュニケーション手段として利用することができます。

・投票形式の共有と公開
他人が作った投票を自分のブログへ簡単に貼り付けることができ、ブログ利用者同士で共有することができます。また、プロフィールサービス「アバウトミーβ」(http://aboutme.jp/)との連携により、「アバウトミーβ」内で盛り上がっている質問項目が「@nifty 投票β版」のトップページ上で公開されます。

以上

※製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。