ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2007年度上半期 > お知らせ > 本文

「@nifty TimeLine β(ベータ)」を全面リニューアル

お知らせ

2007年7月10日
ニフティ株式会社

ニフティ、時間軸に沿った情報を投稿、共有できるサービス
「@nifty TimeLine β(ベータ)」を全面リニューアル
〜 検索機能、カテゴリー機能など、利便性向上に向けた機能追加を実施 〜

ニフティ株式会社(社長:和田一也、東京都品川区)は、「@nifty TimeLine β(ベータ)」を7月10日(火)にリニューアルし、検索機能の強化、カテゴリー機能の追加など、サービス利用者のユーザビリティの向上を目指します。

今回のリニューアルにあたり、以下の点が追加されます。

・トップページリニューアル
誰でも参加できるタイムラインを紹介したコンテンツ「みんなで作ろうタイムライン」、人気のユーザーをランキング化した「人気ユーザーランキング」、タイムラインに投稿された写真が閲覧できる「新着フォト」など、各種コンテンツを追加し、ユーザーの使いやすいデザイン・レイアウトにリニューアルしました。

・検索機能の強化
従来のタイムライン名での検索に加え、タイムラインに投稿された各記事の全文検索、ユーザー名での検索機能を追加します。

・カテゴリー機能の追加
ユーザーの作成したタイムラインをジャンル別にカテゴライズし、利便性を向上させました。各カテゴリーページでは、ジャンル別のタイムラインの最新記事を集めて、一つのタイムラインとして表現しています。

これまでの機能追加は、プログラミング言語「Ruby」の開発者であるまつもとゆきひろ氏が在籍する株式会社ネットワーク応用通信研究所(社長:井上 浩、島根県松江市、以下:NaCl)、株式会社永和システムマネジメント(社長:小山 公一郎、福井県福井市、以下:永和システムマネジメント)の提供する「Ruby+アジャイルによるインクリメンタル反復開発(注1)」をニフティ、NaCl、永和システムマネジメント3社のエンジニアが実践したことにより実現されました。

「@nifty TimeLine β」は、サービス開始時(2007年2月28日)から現在に至るまで、各種機能追加を実施してまいりましたが、今後もスタッフが運営するブログなどを通じて、新しいインターネットの活用方法をサービス利用者と共に考え、更なる利便性の向上と機能改善を行っていきます。

注1)Ruby+アジャイルによるインクリメンタル反復開発
システム全体を一度に開発し提供するのではなく、サービスにユーザーの声を反映させるために、優先度の高い機能から順次短いサイクルで開発し、提供することを繰り返す開発手法。Rubyはその柔軟な開発手法と親和性が高い。

<「@nifty TimeLine β」リニューアルの概要>

公開日
 2007年 7月10日(火)リニューアルオープン
URL
 http://timeline.nifty.com/
利用対象者
 インターネットユーザー
利用料金
 無料
主なリニューアル内容
・トップページリニューアル
・検索機能の追加
・カテゴリー機能の追加
・各種ファイルのインポート(入力)機能の追加(2007年6月実施済)
 ※RSS、CSV、iCalendar形式ファイル、ココログ・Movable Typeのエクスポートファイル
・タイムラインの記事エクスポート(出力)機能の追加(2007年4月実施済)

以上

※製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。