ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2008年度上半期 > お知らせ > 本文

ニフティと言論NPO、ビジネスSNSを利用した社会テーマに関するコミュニティ「ミニ・ポピュラス」を開始

お知らせ

2008年6月16日
ニフティ株式会社

ニフティと言論NPO、ビジネスSNSを利用した政治・経済などの
社会テーマに関するコミュニティ「ミニ・ポピュラス」を開始

       
  ニフティ株式会社(本社:東京都品川区/社長:和田一也、以下ニフティ)は、特定非営利活動法人 言論NPO(本社:東京都中央区/代表:工藤泰志、以下言論NPO)と共同で、ニフティの運営するビジネスパーソン向けSNS「ビジネススペースβ(ベータ)版(以下、ビジネススペース)」(※注1)を利用した、政治・経済などの社会テーマに関するコミュニティ「ミニ・ポピュラス」(以下、ミニ・ポピュラス)を6月16日(月)から開始します。

 今回の取り組みは、利用者本人特定を強化して安全なコミュニティ環境を提供するビジネススペースと、広く社会一般に対して自由で質の高い議論の場を提供し、社会教育の推進に寄与することを目的とする言論NPOのコラボレーション企画として実現しました。

 「ミニ・ポピュラス」は、言論NPOのコンテンツと、ニフティが運営するビジネススペースを連動させた新しいコミュニティです。インターネットを使った議論の場は数多く存在しますが、匿名性による無責任な発言が数多くみられ、建設的な議論がなされていないと私たちは感じていました。それに対して「ミニ・ポピュラス」では、「ビジネススペース」内で議論を行なうことにより、傍観者的な批判のための発言ではなく、今の時代にしっかりと向き合い、建設的で当事者意識を持った質の高い議論の舞台をつくっていきます。 
 この取り組みでは、毎回設定したテーマに沿って、言論NPOのWebページ上で各分野3〜4人の有識者が発言します。参加者はその発言を基に誰の意見に近いかを投票し、議論に参加します。その内容について、ニフティが運営する「ビジネススペース」内に設置した専用コミュニティ「ミニ・ポピュラス」内で、広く一般からの議論参加を呼びかけます。また、言論NPOの代表・工藤泰志氏がモデレーターとしてコミュニティに携わり、最終的な議論の結果は、参加した協力者と共に言論NPOが毎回結論付けるとともに、内容に応じて所轄省庁や政府関係機関、企業に対して提言を行ない、議論結果を社会貢献につなげていきます。

 初回のテーマは「誰がこの政治を変えるのか」です。
言論NPOの協力者として、下記の方々が参加しています。(敬称略)
 ・イェスパー・コール  エコノミスト(前メリルリンチチーフエコノミスト)  
 ・齊藤 誠  一橋大学大学院経済学研究科教授
 ・明石 康  元国連事務次長
 また、随時協力者が参加する予定です。〈「ミニ・ポピュラス」の概要〉
○コミュニティ名称
 「ミニ・ポピュラス」(ビジネススペース内コミュニティ)
○開始日
 2008年6月16日(月)
○サービスURL  http://space.business.nifty.com/
○内容
 毎回設定したテーマに沿って、言論NPOのWebページ上で、各分野3〜4人 の有識者が発言。参加者はその発言を基に誰の意見に近いかを投票し、 議論形成に参加。その内容について、ニフティが運営する「ビジネスス ペース」内に設置した専用コミュニティ「ミニ・ポピュラス」内で、広 く一般からの議論を実施。


※注1:ビジネススペース β版について
    ビジネスパーソンを対象として作られたSNS(ソーシャル・ネッ
    トワーキング・サービス)。30代と40代を中心に、仕事や趣味
    情報の共有、ビジネスのパートナー探しなど、ビジネスパーソ
    ンのONとOFFを支援するサービス。本人確認の強化のため、クレ
    ジットカード登録を必須(正会員)とすることで、安心したコ
    ミュニケーションが可能となっています。
    http://space.business.nifty.com/

添付:「ミニ・ポピュラス」画面
http://www.nifty.co.jp/tenpu/20080616top.jpg

以上

製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。