ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2008年度下半期 > プレスリリース > 本文

主婦を対象とした携帯電話向け無料サービス「シュフモ」を新たに開始

プレス

2008年11月12日
三菱商事株式会社
ニフティ株式会社
サンケイリビング新聞社

三菱商事、ニフティ、サンケイリビング新聞社、
主婦を対象とした携帯電話向け無料サービス「シュフモ」を新たに開始

三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 小島 順彦、以下 三菱商事)、ニフティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:和田 一也、以下ニフティ)、株式会社サンケイリビング新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菊野 善衛、以下SL)は、主婦を対象とした携帯電話向け無料サービス「シュフモ」を11月27日(木)から開始し、共同で広告商品開発を行います。

「シュフモ」は、全国のスーパーの食品等の価格情報をチラシから選び抜いて提供する、主婦を対象とした無料のサービスです。食品等の値上げが続くなか、家計を預かる主婦の価格情報への感度は高まっています。「シュフモ」はそのニーズに応える特売情報に加え、献立や家事、家計アドバイス、そして生活の基盤である地域の、イベント等の情報を提供します。チラシや生活情報紙に掲載される主婦の関心事を、常に持ち歩ける携帯電話でも見られるようにすることで、主婦の毎日の生活と行動を応援します。「シュフモ」が提供する特売情報の対象となるスーパーの店舗数は日本最大級の約7500店です。

「シュフモ」は、三菱商事がパートナー企業開拓とビジネス開発を担当。ニフティはコンテンツの提供ならびにモバイルサービスのシステム構築と運用を、SLはサービス企画をそれぞれ担当します。

三菱商事は、消費市場が多様化する中で、今回ニフティとSLの協力により開発する主婦向けメディアを、流通・卸・製造などの企業が消費者接点として広告、販売促進、製品開発に活用できるよう支援するなど、マーケティング事業の一環として本事業を推進します。

ニフティは、約820万人のサービス利用会員数を持つ強みを活かし、リアル世界に読者を持つ紙メディアを持つ企業とアライアンスを行うことで、インターネットとリアルメディアを融合したメディアの開発に力を入れていきます。

無料の地域生活情報紙「リビング新聞」約860万部を毎週主婦に届けるSLは、持ち歩きができ即時性のある携帯電話の特性と、独自のノウハウを持つ地域密着型生活情報を組み合わせることで、主婦メディア・地域メディアとしての高機能化を目指します。

「シュフモ」は2009年度中に会員登録の目標を40万人に設定しております。今回のサービス提供により今後、紙媒体、インターネットメディア、流通ネットワークという各社の強みを生かした事業展開を加速していきます。

参考資料
添付:・コンテンツ・サービス概要
    ・ページのイメージ

<会社概要>
【三菱商事株式会社】
本社所在地:東京都千代田区丸の内二丁目3番1号
設立年月日:1950年4月1日
代表者  :代表取締役社長 小島 順彦

【ニフティ株式会社】
本社所在地:東京都品川区南大井6-26-1 大森ベルポートA館
設立年月日:1986年2月4日
代表者  :代表取締役社長 和田 一也(わだ かずや)

【株式会社サンケイリビング新聞社】
本社所在地:東京都千代田区紀尾井町3-23 
設立年月日:1977年6月6日
代表者  :代表取締役社長 菊野善衛(きくの ぜんえ)

以上

製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。