ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2008年度下半期 > プレスリリース > 本文

ニフティ、奈良先端大学との産学連携により言語処理技術「経験マイニング」の応用手法を共同開発

プレス

2008年12月4日
ニフティ株式会社

ニフティ、奈良先端大学との産学連携により
言語処理技術「経験マイニング」の応用手法を共同開発
〜 CGM上の“購入した”“使った”“満足している”などの経験情報を整理・分類 〜

ニフティ株式会社(社長:和田 一也、東京都品川区)は、国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学(学長:安田 國雄、奈良県生駒市、以下奈良先端大学)との産学連携により、ブログなどのCGM(Consumer Generated Media)に書かれた経験情報を分析する技術「経験マイニング」の応用手法を共同開発しました。

また、同技術の実用化に向けて、奈良先端大学ではデモサービス「みんなの経験」(注1)を本日から公開します。(「みんなの経験」:http://minna.naist.jp

「経験マイニング」とは、ブログなどの文書に記述された個人の経験を整理・分類するための技術です。この技術によって、ブログ・SNS・掲示板などのCGMに記述された膨大な情報の中から有用な情報だけを高精度に取り出すことができます。利用者は、ある商品について、購入経験や利用経験などが書かれたブログ記事を見つけ出すことができます。

この技術を活用することで、一般利用者は第三者の多様な体験談を容易かつ迅速に発見することができます。また、企業が利用する場合は、CGM上で自社や競合他社の商品に関する意見を述べている人や自社ブランドファンの経験情報を容易に発見することが可能になります。

なお、本日公開するデモサービス「みんなの経験」は、2007年4月から奈良先端大学情報科学研究科の乾健太郎准教授(注2)の研究グループと「経験マイニング」に関する共同研究を行ってきた成果になります。また、この研究で対象とするブログデータについては、アクセラテクノロジ株式会社の協力のもと、ブログ記事データの収集・解析を実施し、奈良先端大学に提供しています。

今後も当社は、奈良先端大学と「経験マイニング」技術の実用化に向けて共同研究を続け、「経験マイニング」の技術を当社サービスに適用する予定です。


注1)「みんなの経験」について
 公開日:2008年12月4日(木)
 紹介URL:http://minna.naist.jp
 概要:ブログ上に書かれた商品やサービスなどについての経験を検索できるサービス。

注2)乾健太郎准教授について
 奈良先端大学 情報科学研究科 准教授 乾 健太郎(いぬい けんたろう)氏。
 現在CGMなどを対象とした言語処理技術の主流となっている評判分析および経験マイニングの 第一人者。言語処理学会第13回年次大会(2007年)優秀賞受賞、COLING/ACL-2006 Best
 Asian NLP Paper Award 受賞、ほか多数。

以上

製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。