ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2009年度上半期 > お知らせ > 本文

ニフティ、「親子でこんなに違う2009年上半期10大ニュース」と「今年上半期を漢字1文字」を発表

お知らせ

2009年7月28日
ニフティ株式会社

ニフティ、「親子でこんなに違う2009年上半期10大ニュース」と「今年上半期を漢字1文字」を発表
〜世代別で注目ニュースの傾向や選ぶ漢字1文字に違いが判明〜
http://news.nifty.com/sp/20090728/

ニフティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:今村 隆)、では「夏休みに振り返っておきたい2009年上半期のニュース」として、世代別に集計した「親子でこんなに違う2009年上半期10大ニュース」ならびに「今年上半期を漢字1文字」を7月28日(火)に公開します。

今回発表するニュースランキングは、当社のニュース専門サイト「@niftyニュース」(http://news.nifty.com/)で7月6日から7月14日まで行ったネット調査による結果となります。調査期間中の総投票者数は1,464人でした。投票者一人あたり3つの記事に投票したランキングの結果となっています。

その年の上半期に起こった「10大ニュース」を、親子がふれあう機会が多くなる夏休み期間中に発表することにより、当社は世代により異なる社会へ関心度の差をお互いの世代で理解し、相互理解を深めることができると想定しています。また、夏休みの宿題のテーマとして活用していただくなど、素材として活用されることも予想しています。

<2009年上半期10大ニュース>

1位 オバマ米大統領就任 新しい責任の時代 53.1%
2位 新型インフルエンザに世界震かん 45.7%
3位 マイケル・ジャクソンさん死亡に世界が騒然 40.2%
4位 侍ジャパン WBC悲願の2連覇達成 36.1%
5位 SMAP草なぎ剛さん 全裸で騒ぎ逮捕 20.1%
 ※6位以降のランキングやそれぞれのニュースに関する解説を
  以下のサイトで公開しています。
  http://news.nifty.com/sp/20090728/

なお、今回投票いただいたランキング1位から5位までのニュースに占める世代別割合を表で対比したところ、子ども世代にあたる10代・20代はエンターテインメント系のニュースに強く関心を示し、一方、親の世代にあたる40代・50代は社会系のニュースに関心を示していることがわかりました。
1位から5位に投票した世代別割合のグラフ

また併せて、今年上半期に関して「漢字1文字で表したら、どの漢字が適当か?」という内容のネット調査も行いました。その結果、10代が選ぶ今年上半期を表す漢字1文字と、50代が選ぶ漢字1文字にも差があることがわかりました。

<10代が選ぶ今年上半期を表す漢字>
 1位 驚
 2位 騒
 3位 死

<50代が選ぶ今年上半期を表す漢字>
 1位 迷
 2位 変
 3位 忍

2009年上半期は、著名人の死亡に関するニュースや、有名芸能人の逮捕などの世相を反映し、10代では多くの方が「驚」や「騒」、「死」と回答を寄せています。また、50代は混迷を極めた日本の経済や社会の姿を反映し、「迷」が1位となりました。また、社会の変化・変革をイメージさせる「変」や、その社会環境に耐え忍ぶ親世代の姿をイメージさせる「忍」などの漢字も選ばれています。

当社は今後も、利用者の方に興味関心を持っていただける情報の提供を行っていきます。

以上

●@niftyのサービスに関するお問い合わせ窓口
 ニフティ株式会社 @niftyカスタマーサービスデスク
 Tel:フリーダイヤル 0120-32-2210
 http://support.nifty.com/

※製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。