ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2009年度下半期 > プレスリリース > 本文

ニフティ、情報モラル教育用Web教材 第三弾を開発

プレス

2009年11月26日
ニフティ株式会社

ニフティ、情報モラル教育用Web教材 第三弾を開発
社会貢献活動の一環として「心をつなぐネット・コミュニケーション講座
〜上手なメールの使い方〜」基礎講座を提供開始

ニフティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:今村 隆)は、社会貢献活動の一環として、中学生が上手なメール・コミュニケーションを習得することを支援する情報モラル教育用Web教材「心をつなぐネット・コミュニケーション講座〜上手なメールの使い方〜」基礎講座を開発し、11月26日(木)から提供開始します。

当社は2008年6月から東京都品川区立の小学校にて、「情報モラル教育」の支援活動を実施しています。これまでに小学校高学年向けにはインターネットの中に潜む危険を体験できる「インターネット体験ドリル」を、また中学生・高校生向けには自分の性格や行動パターンがわかる自己診断用教育ツール「中高生向け動物エゴグラム」を情報モラル教育用Web教材として提供してきました。
今回開発した「心をつなぐネット・コミュニケーション講座〜上手なメールの使い方〜」は、当社が提供する情報モラル教育用Web教材の第三弾となります。

「心をつなぐネット・コミュニケーション講座」は、品川区教育委員会と連携しながら開発した中学生向け情報モラル教育ツールです。子どもたちがインターネット上のコミュニケーションの特性を理解した上で、携帯メールなどのネットコミュニケーションツールを有効利用できるようになることを支援する目的で開発しました。本編ではストーリー性を持った漫画を使い、子どもたちに親しみを感じてもらいながら、自分自身に置き換え考えてもらえるような編集をしています。品川区立中学校の「市民科」の授業用教材としても活用いただく予定です。また本教材は、これまで当社が提供してきたWeb教材同様、インターネットを通じ無料公開するため、広く全国の学校で使っていただくことができます。また全国の中学校の授業でも利用されることを想定し、授業での詳しい使い方例などを記載した「学習の手引き(先生・保護者の方へ)」も用意しています。

「心をつなぐネット・コミュニケーション講座〜上手なメールの使い方〜」基礎講座の流れ

1)子どもたちに24問の質問に回答してもらい、自分の「メールやりすぎ度」を確認してもらう
2)回答結果は担当教師が使っている画面でリアルタイム集計
3)担当教師はその結果を見ながら授業を進行
 ・メールのトラブル事例を、イラストを見ながら学習
 ・メールを上手に使うための3つのステップを学習

今後は応用教材として、「心をつなぐネット・コミュニケーション講座〜上手なメールの使い方〜」実践講座を、2010年3月を目処に提供を予定しています。実践講座は自分が陥りやすいメールの落とし穴に気付かせるとともに、より良い人間関係を築くためのネット・コミュニケーションの方法を実践的にトレーニングできる教材として提供する予定です。

近年、子どもたちは、短い文章でメールをやりとりする傾向が多く、メールのやり取りを通じ誤解が生じやすいこと、また、自分の気持ちを言語で表現する力が未熟であることなどによるトラブルが多く発生していると当社では認識しています。当社は提供する情報モラル教育用教材の利用を通じて、インターネットを利用した上手なコミュニケーション能力の向上に貢献していきたいと考えています。今後も利用者の方の声を反映しながらさまざまな活動をおこなっていきます。

<「心をつなぐネット・コミュニケーション講座〜上手なメールの使い方〜」基礎講座の概要>

○提供開始日:2009年11月26日(木) 11:00から(実践講座は、2010年3月提供予定)
○利用料金 :無料
○利用対象者:インターネット利用者
○アドレス :http://www.nifty.co.jp/csr/edu/nc/
○教材提供のねらい:
 子どもたちがインターネットにおけるコミュニケーションの特性を理解した上で携帯メールなどの
 ネット・ コミュニケーション・ツールを有効利用できるようになることを支援します。
○「心をつなぐネット・コミュニケーション講座〜上手なメールの使い方〜」
 基礎講座の利用の流れ:
 (1)「メールやりすぎ度」チェック診断を行う。
   (携帯電話を持っていない子どもは、やりすぎ度予想チェック診断を行う。)
 (2)メールのトラブル事例を、イラストを見ながら学習する。
 (3)メールを上手に使うための3つのステップを学習する。
○「心をつなぐネット・コミュニケーション講座〜上手なメールの使い方〜」
 基礎講座を授業で利用する場合の特徴:
  教師画面にて、「メールやりすぎ度」チェック診断の開始・終了時に画面上で集計操作を行う
  ことで、「メールやりすぎ度」チェック診断のクラスの集計結果が円グラフで表示できます。
  このグラフをクラスで子どもたちに見せて共有しながら、授業をすすめていくことができます。
  また、その集計結果は、PDFファイルでダウンロードして保存することができます。
○「学習の手引き(先生・保護者の方へ)」:
 先生・保護者の方向けに、心をつなぐネット・コミュニケーション講座を授業で使う場合の詳細な
 解説や操作方法、授業の流れなどを紹介

<ご参考>画面イメージ
(1)心をつなぐネット・コミュニケーション講座トップページ画面
心をつなぐネット・コミュニケーション講座トップページ画面

(2)「メールやりすぎ度チェック」診断画面および診断結果画面
「メールやりすぎ度チェック」診断画面および診断結果画面

(3)「メールやりすぎ度チェック」のクラスの診断結果(PDFファイル)
「メールやりすぎ度チェック」のクラスの診断結果(PDFファイル)

(4)メールを上手に使うための3つのステップの画面
メールを上手に使うための3つのステップの画面

(5)メール・コミュニケーション4コママンガ
メール・コミュニケーション4コママンガ

以上

●@niftyのサービスに関するお問い合わせ窓口
 ニフティ株式会社 @niftyカスタマーサービスデスク
 Tel:フリーダイヤル 0120-32-2210
 http://support.nifty.com/

製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。