ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2009年度下半期 > お知らせ > 本文

ニフティ、研究者の支援を目的に保有する高機能コンピューターを開放

お知らせ

2009年12月15日
ニフティ株式会社

ニフティ、研究者の支援を目的に保有する高機能コンピューターを開放
〜大学の研究室や非営利団体の研究機関などを支援〜

ニフティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:今村 隆)は、同社が保有しインターネットサービスの運営で活用している高機能コンピューター「PRIMEPOWER HPC2500」の処理能力の一部を開放する研究活動支援プログラムを12月15日(火)から開始します。

本プログラムでは、研究活動のために高い計算能力を持つコンピューターを必要とする大学研究室や非営利団体の研究機関を対象に、当社が所有するコンピューターの処理能力の一部を有償で提供します。本プログラムの利用希望者はインターネット経由で申し込みをすることができ、「Linux OS」が稼動する64CPU/512GBメモリーの研究環境を、研究機関向けの特別価格で提供します。当社のコンピューターが持つ大規模並列CPU処理能力を利用することで、利用者は広大なメモリー容量を必要とする解析処理や各種シミュレーションを効果的に行うことができるようになります。

当社はこれまでも提供しているサービスの品質向上や新規サービス開発のため、コンピューター「PRIMEPOWER HPC2500」を使いさまざまなデータ解析を行ってきました。また当社は2007年10月に慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)などへ寄附講座を開講するなど、新しいネットサービスの創出を行える人材の育成に努めてきました。
昨今、多くの研究機関では、さまざまな理由から機能の高いコンピューターを使った調査研究やデータ解析を行えないところが多く、先進技術研究の分野で高機能コンピューターを利用したいという声が当社にも多く寄せられてきています。
このような声を受け当社は今回、インターネット経由で申し込みから高機能コンピューターの利用まで行える環境を提供することを決めました。新たな研究成果による経済や文化の発展に対してインターネットを通じて貢献していきたいと考えています。

当社は今後も、経営理念に掲げる「ニフティとなら、きっとかなう。With Us,You Can.」の考え方に基づき、インターネットを通じたさまざまな活動に取り組んでいきます。

<研究活動支援プログラム 概要>
○利用申し込み開始日
2009年12月15日(火)から
 ※2009年12月15日(火) 〜 2010年3月31日(水)までは「トライアル期間」を設けています

○利用料金 
 2万円(税込)からを予定 
(トライアル期間は無償提供の予定。利用環境により価格が変わるため、利用時に詳細をご相談させていただきます)

○利用方法
 メールでお問い合わせをいただいた研究機関へ当社担当部門から折り返しご連絡をさせていただき、
 詳細をご相談させていただきます
 申し込みメールアドレス:hpc@list.nifty.co.jp

○利用対象者
 大学の研究室や非営利団体の研究機関など


<「コンピューターの概要>
○使用するコンピューターの名称
 「PRIMEPOWER HPC2500」

○主な仕様
・CPU プロセッサ    :SPARC64 V
    周波数      :2.08GHz
    プロセッサ数   :64
    理論ピーク性能 :2.08GHzタイプ:8.32GFLOPS
・メモリー         :最大512GB
・ハードディスク     :1TB

以上

●@niftyのサービスに関するお問い合わせ窓口
 ニフティ株式会社 @niftyカスタマーサービスデスク
 Tel:フリーダイヤル 0120-32-2210
 http://support.nifty.com/

※製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。