ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2009年度下半期 > お知らせ > 本文

ニフティ、ビジネスイベント「All Communicators' Forum 2010」に協力

お知らせ

2010年2月22日
ニフティ株式会社

ニフティ、ビジネスイベント「All Communicators' Forum 2010」に協力
〜「@niftyビジネス」が「ソーシャルメディア時代のコミュニケーション戦略」を
テーマとしたイベントに協力〜

当社は、3月20日(土)に開催されるマーケティング・コミュニケーションの専門家が集う『リアル』のビジネスイベント「All Communicators' Forum(=ACフォーラム)2010」(事務局:東京都港区、ビーンスター株式会社内)に、事務局ならびにスピーカーとして協力し、向上心の高いミドルマネジメント層のビジネスパーソンへの機会づくりに貢献していきます。
 
「ACフォーラム」は、マーケティング・コミュニケーションに関連する業務に携わる有志が組織の壁を越えて協力し、最新事例の共有、連携、業界発展のために開催するイベントで、これまでも『実践・コミュニティマーケティング』(第1回2005年)、『Web2.0時代のマーケティングコラボレーション』(第2回2006年)、『パワフル・エンゲージメント 〜 最新事例に学ぶ“絆づくり”マーケティング〜』(第3回2008年)、『現状打破のマーケティング』(第4回2009年)と、業界全体が注目する最新のテーマで、著名なスピーカー・オピニオンリーダーたちが集い、開催されてきました。

5回目を迎える今年は、当社がお台場パレットタウン内で運営するイベントハウス「TOKYO CULTURE CULTURE」(注1)にて開催され、「ソーシャルメディア時代のコミュニケーション戦略」をテーマに活発な議論・意見交換が交わされる予定です。

このビジネスイベントは、当社が運営するビジネスパーソン向けポータルサイト「@niftyビジネス」の副編集長、大野 一世(おおの いっせい)(注2)が運営スタッフとして協力いたします。また当日のスピーカーとして、当社「デイリーポータルZ」編集長、林 雄司(はやし ゆうじ)(注3)が登壇します。

<<TCCイベント 画像イメージ>>
TCCイベント 画像イメージ


また、今回のイベント開催に関連し、ACフォーラム主催者の一人で、「@niftyビジネス」でも2007年10月からビジネスコラム「自分の名前で仕事をする」「毎日がプレゼン」を執筆いただいている鶴野 充茂(つるの みつしげ)氏のインタビュー記事を、「@niftyビジネス」にて本日から掲載します。

<<インタビュー記事 画像イメージ>>
インタビュー記事 画像イメージ インタビュー記事 画像イメージ2

サイトアドレス:http://business.nifty.com/articles/ac-forum/100222/

「@niftyビジネス」ではこれまでも、ビジネスパーソン向けのコンテンツ発信だけではなく、ビジネスイベントを企画・運営するなど、向上意欲のあるビジネスパーソンに対してネットとリアルの両方の側面から提案を行ってきました。今回、「ACフォーラム」が主催するビジネスイベントの事務局などで協力させていただくことで、さらなる機会創造に協力していきます。
なお、当日のイベントの様子は「@niftyビジネス」でレポート掲載する予定です。

当社は今後も定期的にビジネスパーソンへ向けたイベントの開催や協力などの企画・運営に携わるとともに、スキルアップやキャリアアップに関心の高い方々への支援を続けていきます。

(注1)「TOKYO CULTURE CULTURE」( http://tcc.nifty.com/
    当社が2007年8月から運営している、ネットとリアルをつなぐ店舗形式のコミュニティ
    ライブハウス。
    当社初のカフェスタイルの店舗で、インターネットのコミュニティで活躍している人たちが
    集まることができるライブスペースとして展開中。

(注2)「@niftyビジネス」( http://business.nifty.com/ )は向上心のある
    ミドルマネジメント層をターゲットに、仕事力の向上、自己実現(自己啓
    発、個人投資)など、関心が高い分野の魅力ある記事を独自の編集体制で
    配信するサイト。
    副編集長の大野 一世は「@niftyビジネス」の立ち上げから編集、他社・
    他メディアとのコラボレーション企画に関するプロデュースに携わる。

(注3)「デイリーポータルZ」( http://portal.nifty.com/ )は当社が2002年
    10月から運営している日刊のWebマガジン。月間1800万PV、月間UU数80万
    人。「デイリーポータルZ」は2004年度の「Web of the Year」エンタテイ
    メント部門にて3位を受賞。また編集長の林 雄司は2009年に社団法人日本
    アドバタイザーズ協会が主催する「第7回Webクリエーション・アウォー
    ド」にて「気になるWeb人で賞」を受賞。


<「ACフォーラム」主催「ソーシャルメディア時代のコミュニケーション戦略」イベント概要>

○開催日時:2009年 3月20日(土)
      開場 10:30 開演 11:00(予定)
      終了予定 20:00
      交流会終了予定 22:00 

○会場:TOKYO CULTURE CULTURE(東京カルチャーカルチャー)
    住所 :東京都江東区青海1丁目パレットタウン Zepp Tokyo2F
    アドレス:http://tcc.nifty.com/accessmap/

○イベントプログラム(予定):
・Program-1「コカ・コーラ パークが挑戦するエコシステム・マーケティング」
スピーカー:江端 浩人 氏
日本コカ・コーラ インタラクティブ・マーケティング統括部長

・Program-2 「日経ビジネス:雑誌からネット、そしてその先へ」
スピーカー:瀬川 明秀 氏
日経BP社 日経ビジネスオンライン副編集長

・Program-3 「行政・市民を巻き込んだ広告+PRプロジェクト『夕張夫妻』物語」
スピーカー:アーチャー み香 氏
MS&L Japan アカウント・ディレクター

・Program-4 「デイリーポータルZ式、コンテンツの作り方」
スピーカー:林 雄司 ニフティ デイリーポータルZ編集長

・Program-5「どうなる?どうする? PRビジネス」
スピーカー:本田 哲也 氏 ブルーカレント・ジャパン社長
       山田 まさる 氏 インテグレートCOO/コムデックス社長
モデレーター:鶴野 充茂 氏 ビーンスター社長

・Program-6「ソーシャルメディアで個人と企業はいかにコラボできるのか?」
スピーカー:神田 敏晶 氏 ジャーナリスト Kanda News Networks,Inc

・Program-7「最新ツイッター・マーケティング事情」
スピーカー:工藤 然 氏 日産自動車 マーケティング本部 販売促進部
       舛田 淳 氏 ネイバージャパン株式会社 検索センター 事業戦略室 室長
モデレーター:徳力 基彦 氏 アジャイルメディア・ネットワーク社長

・Program-8「これからのブログの役割:アメブロ的視点」
スピーカー:小池 政秀氏 サイバーエージェント アメーバ事業本部ゼネラルマネージャー

・Program-9「大企業におけるソーシャルメディアマーケティング推進戦略 
       マイクロソフト "バイブル" 誕生秘話」
スピーカー:熊村 剛輔 氏 
マイクロソフト株式会社 セントラル マーケティング本部 ソーシャル メディア リード

・Program-10「政治活動におけるツイッター活用」
スピーカー:田村耕太郎 氏(参議院議員)、ほか
モデレーター:芦田 宏直 氏 東海大学教授

※タイトル・スピーカーおよびプログラムは変更する可能性 があります。
※プログラム終了後、20:00〜22:00の予定で交流会を開催

○参加費:15,000円/人(税込。交流会は費用別途、当日会場で受付)
     申し込みサイトアドレス: http://ac-f.net

○お問い合わせ先:ACフォーラム事務局(2010@ac-f.net)

○Twitter ACフォーラム事務局公式アカウント:
     アドレス http://twitter.com/ACforum(ハッシュタグ #acf2010 )

以上

※製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。