ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2009年度下半期 > お知らせ > 本文

ニフティ、「みんなの花粉症なう!β」を提供開始

お知らせ

2010年3月4日
ニフティ株式会社

ニフティ、「みんなの花粉症なう!β」を提供開始
〜ツイッター(Twitter)のつぶやきを活用した日本全国の花粉症マップを
東京大学「知の構造化センター」の協力で提供〜

当社は、「ツイッター」の発言から、花粉症の症状についてつぶやいている内容だけを集め、日本全国の地図に位置情報を重ねることでリアルな花粉症マップを試作・提供するサービス「みんなの花粉症なう!β」を、本日から開始します。

「みんなの花粉症なう!β」は、当社が2007年5月に設立した組織内研究機関「ニフティ研究所」と東京大学「知の構造化センター」との共同研究により提供するβ版サービスです。

「ツイッター」で花粉症の症状を訴える発言者のつぶやきを独自の方法で言語解析することで、花粉症で困っている人の発言か否かを選別することができます。
また、選別したつぶやきがGPS(Global Positioning System、測位衛星を利用した位置情報システム)を使った位置情報を発信している利用者のものだった場合や、「ツイッター」のプロフィールで所在地を公開している場合などでは、発言した地区をそのつぶやきから特定し、日本地図に重ねて表示することができます。
 
これにより、「ツイッター」を花粉症のセンサーの代わりに利用することができるようになり、どの地域の人が花粉症で困っているかをリアルタイムで確認できます。

<イメージ図>
全国地図イメージ

東京都地図イメージ

「ニフティ研究所」はこれまでもさまざまな研究機関との共同研究を行ってきました。昨年10月には、独立行政法人への委託研究を発展させて「みんなのレシピ検索」β版を提供するなど、インターネットが実際の生活に役立つ仕組みの提供を行いました。
今回提供する「みんなの花粉症なう!β」は、東京大学「知の構造化センター」が持つ最新の言語解析技術を実サービスへ活用したものです。

当社は今後も「ニフティ研究所」にて言語解析を中心とした技術の研究を重ねることで、インターネットの最新技術を毎日の生活に役立つサービスへ応用し、社会に役立てるため努力していきます。


<「みんなの花粉症なう!β」概要>

○アドレス:http://labs.nifty.com/beta/pollen/index.htm
      ※「@nifty花粉情報」のサイトから「みんなの花粉症なう!β」への
      リンクも用意しています。
○特長 :
(1)ツイッターでのつぶやき発言の中から花粉症の症状についてつぶやいている
   内容だけを集め、日本全国の地図に位置情報を重ねることで花粉症地図をリ
   アルタイムに試作・提供する無料サービス。データの更新頻度は15分おきに
   実施。

(2)全国47都道府県の発言データを地図上に表記することが可能。各都道府県を
   クリックすることで都道府県単位の花粉症の症状に関する発言頻度を確認で
   きる。さらに東京都は23区と東京都下で区市町村を細分化して表示すること
   ができる。

以上