ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2009年度下半期 > プレスリリース > 本文

【事後調査】2010年、主婦のバレンタインデー&ホワイトデー 〜主婦のためのケータイサイト「シュフモ」 実態調査〜

プレス

2010年3月25日
ニフティ株式会社
株式会社サンケイリビング新聞社

【事後調査】2010年、主婦のバレンタインデー&ホワイトデー
〜主婦のためのケータイサイト「シュフモ」 実態調査〜

主婦を対象とした携帯電話向け無料サービス『シュフモ』(http://shuf.jp/)では、2010年のバレンタインデーとホワイトデー直後にそれぞれアンケート調査を行い、主婦がどのようにバレンタインデーとホワイトデーを過ごしたか、実態調査を行いました。

<結果概要>
○バレンタインデーに夫に贈り物を贈った主婦は93%。
○ホワイトデーに夫からお返しをもらった主婦は47%。
○ホワイトデーに夫からもらった贈り物に満足している主婦は91%。
○妻はバレンタインデーの贈り物をスーパーで購入する傾向。
 夫はホワイトデーのお返しを専門店・有名店で購入する傾向。コンビニも利用。
○かけた金額は、妻は1,000円未満が多く、夫は3,000円未満が多い。

<総評>
アンケートの結果、2010年の主婦のバレンタインデーとホワイトデーの満足度は高い傾向にあることが分かりました。一方で、ホワイトデーには夫が妻へ贈り物を贈らない傾向があることも分かりました。贈り物の購入先として、妻はスーパーを利用し、夫は専門店・有名店で購入する傾向が高いながらも、コンビニを利用する場合もあることもわかりました。バレンタインデーとホワイトデーにかける金額は、妻は1,000円未満が多く、夫は3,000円未満が多い傾向にあるようです。来年の実施意向も高く、夫婦においても、バレンタインデーとホワイトデーは大切な記念日の1つであることがうかがえました。

<調査結果>
■主婦の93%が夫に贈り物を贈ったバレンタインデー
「ご主人へはチョコレート(または贈り物)を贈りましたか?」という問いに対し、93%の人が贈ったと回答しました。また、贈った人のうち「手作りのものを贈った」「購入したものを贈った」と回答した人がそれぞれ50%ずつとなり、2010年の主婦のバレンタインデーは、手作り派と購入派に分かれた実態がわかりました。




■夫はホワイトデーに贈り物をしない?
ご主人にバレンタインデーの贈り物をした人に「ご主人からホワイトデーの贈り物はありましたか?」と質問したところ、「はい」が47%、「いいえ」が53%となり、ホワイトデーには夫から妻への贈り物はあまり贈られていないことがわかりました。




■半数近くの妻はスーパーで購入。夫は専門店・有名店で購入する傾向が高いが
 コンビニも利用している
「ご主人へのチョコレート(または贈り物)はどこで買いましたか?」という問いに対し、47%の人が「スーパー」と回答しました。
一方「ホワイトデーの贈り物はどちらで買われましたか?(または買ってきたと思いますか?)」という問いに対しては、「専門店・有名店」と答えた人がもっとも多く、全体の37%となりました。また、「コンビニ」と答えた人は、妻の1%に対して夫は9%となっていて、夫のほうがコンビニでホワイトデーの贈り物を買うことが多い傾向にあることが分かりました。




■かけた金額は、妻は1,000円未満が多く、夫は3,000円未満が多い
「ご主人へのチョコレート(または贈り物)にかけた金額はいくらくらいですか?」という問いに対し、1,000円未満と答えた人が50%となりました。
一方、「ホワイトデーの贈り物はどのくらいの金額でしたか?(想定)」という問いに対し、1,000円未満と答えた人は29%にとどまり、10,000円以上と答えた人が10%にのぼりました。






■ホワイトデーの満足度は91%
「ホワイトデーの贈り物の満足度はいかがですか?」という問いに対し、「満足している」と答えた人は58%、「まあ満足している」と答えた人が33%となり、全体の91%が贈り物に対して満足していることが分かりました。
「満足している」「まあ満足している」と回答した人に理由を聞いたところ、「愛情を感じたから」と回答した人が53%、「ちゃんと貰えたから」と回答した人が33%となりました。その他の回答の中には、「私の好みを分かっていてくれていたから」「忘れずにいてくれた気持ちが一番嬉しい」「サプライズだったから」なども見られ、贈り物そのものよりも、ホワイトデーを忘れずにいた気持ちに対して満足感がある様子がうかがえました。




■来年も、バレンタインデーとホワイトデーを楽しみたい!
「来年のバレンタインデーにご主人へチョコレート(または贈り物)を贈る予定ですか?」という質問に対し、94%の人が「贈る予定」と回答し、夫婦においても、バレンタインデーは大切な記念日の1つであることがうかがえました。一方、「来年のホワイトデーはご主人からの贈り物を期待していますか?」という質問に対して、「期待している」と回答したのは66%となり、今年の実態を反映し、期待度が低くなっている結果となりました。
また、「来年のホワイトデーはどんな贈り物を期待していますか?」という質問に対し、「思い出に残るもの」と回答した人が最も多く、全体の37%となり、次いで、「実用的なもの」が28%となりました。その他の回答の中には、「愛情を感じるもの」「気持ちがこもっていれば何でもいい」などの記述が多く見られ、贈り物そのものよりも、妻に対する愛情表現としてのホワイトデーを期待する様子がうかがえました。








登録会員数が60万人を突破した『シュフモ』では、2010年も賢い主婦を応援するため、家計を節約して賢い買い物ができるように全国のスーパー・チラシ情報の配信やレシピ情報、子育てや地域、健康、家事などの話題をやり取りできるコミュニティ、お得なワケあり商品の特価販売など、今後も便利なサービスの拡充に努めていきます。

<調査概要>
○バレンタインデー実態調査
・調査期間:2010年2月15日(月)から2月17日(水)まで
・調査タイトル:「主婦のバレンタインデー&ホワイトデー」に関するアンケート
・調査対象:「シュフモ」利用者
・回答者数:10,844名

○ホワイトデー実態調査
・調査期間:2010年3月15日(月)から3月17日(水)まで
・調査タイトル:「主婦のバレンタインデー&ホワイトデー」に関するアンケート
・調査対象:「シュフモ」利用者
・回答者数:10,383名

<「シュフモ」サービス概要>
○開始日   :2008年11月27日
○アドレス  :http://shuf.jp/ (携帯電話から利用)
○利用対象者 :携帯電話利用者
○利用料金  :無料 (※別途、携帯電話のパケット料金がかかります。)
○主な内容  :主婦を対象とした携帯電話向け無料サービス
 ・「チラシ情報」
  全国のスーパーが配布するチラシからお買い得な商品の価格情報を選んで提供
 ・「レシピ」
  毎日の献立づくりのヒントとなる約6,000のレシピ情報を提供
 ・「地域情報」(一部地域を除く)
  地域のショップ・イベント情報やお得なクーポン情報を紹介
 ・「コミュニティ」
  主婦同士の情報交換コミュニティ

<「シュフモ」のご利用状況について(2010年 3月22現在)>
 登録数  :631,201人
 男女比  :女性87%、男性13%
 年齢別  :20代(34%)、30代(37%)、40代(19%)

以上

製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。