ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2010年度上半期 > プレスリリース > 本文

ニフティ、ブログ上での商品ブランド評価をランキング化した「BPIブランドランキング 2010年1月〜3月版」を発表

プレス

2010年5月11日
ニフティ株式会社

ニフティ、ブログ上での商品ブランド評価をランキング化した
「BPIブランドランキング 2010年1月〜3月版」を発表
〜アルコール飲料にて「サッポロ 麦とホップ」と「淡麗」が上位に躍進〜
http://business.nifty.com/bpi/

当社は、本日5月11日(火)に「BPIブランドランキング 2010年1月〜3月版」を発表します。
※「BPI」とは、ニフティ社が提供するブログ分析指標の総称。Buzz Performance Indicatorの略

「BPIブランドランキング」は、商品ブランドに関する記述があるブログ記事を、ニフティが持つブログ分析指標「BPI-Brand(ブランド)」(注1)で分析・算出した「BPIスコア」に基づいて商品ブランド評価をランキング化したものです。「BPIブランドランキング」の発表は、2009年の10月から四半期に一度行っていて、今回で三回目となります。

今回発表する「BPIブランドランキング 2010年1月〜3月版」は、2010年1月から3月の3カ月間に投稿されたブログ記事の中から、「アルコール飲料」「ノンアルコール飲料」「国産自動車」「シャンプー」の4つの業界の商品ブランドに関する記述があるものを分析対象としています。


<「BPIブランドランキング 2010年1月〜3月版」 結果要約>
○アルコール飲料の1位と2位は前回(注2)と同じく「アサヒスーパードライ」と「金麦」。「サッポロ 麦とホップ」は、前回の14位から大幅にランクアップして3位に。また、「淡麗」も、前回20位から大幅にランクアップし5位に。
○ノンアルコール飲料の1位は「コカ・コーラ」。3回連続の1位で、他を大きく引き離す。
○国産自動車の1位は「プリウス」で、3回連続の1位。「2009年の新車乗用車販売台数ランキングでの1位獲得」に関する記事が多く、リコール問題による話題性の高まりも見られる。
○シャンプーの1位と2位が逆転。「TSUBAKI」を抜いて、「パンテーン」が1位に。


また、「BPIブランドランキング」のTOP20にランクインした商品ブランドについては、ニフティが持つブログ分析指標「BPI-Burst(バースト)」(注3)「BPI-Influence(インフルエンス)」(注4)でも分析し、ブログ上での「話題性」(注5)「推定閲覧数」(注6)を算出しています。これにより、ブログ上での商品ブランドの評価を総合的に見ることができます。

「BPIブランドランキング 2010年1月〜3月版」の結果概要は以下のとおりです。
※TOP10を抜粋


1.アルコール飲料
1位と2位は、前回と同じく「アサヒスーパードライ」と「金麦」です。両商品ブランドともに新TVCMについての記事が多く、「アサヒスーパードライ」は福山雅治さん、「金麦」は檀れいさんのTVCMに対する好意的な感想が特徴的でした。
「サッポロ 麦とホップ」は、前回の14位から大幅にランクアップして3位となりました。年始に行われた「新春!国民的じゃんけん大会」と、それに続く「麦とホップ お詫びキャンペーン」についての記事が多く、多数の生活者がこうした大規模なキャンペーンに参加したことが、高い話題性に表れていると想定されます。
4位の「サッポロショコラブルワリー」は、今年1月の店頭発売と同時に記事数が急増していて、4,500件を超えるブログ記事が書かれています。「ロイズ」とのコラボレーションというコンセプトが好評だったことや、バレンタインという時節性も相まって、話題性も高くなっています。
また、前回20位の「淡麗」は、大幅にランクアップし5位となりました。「淡麗グリーンラベル」の新TVCMに男性グループ「嵐」が起用されたことによる、好意的な記事の増加が主な要因となっています。
6位にランクインした新発売の「キリン 世界のハイボール」は、岡村隆史さんのTVCMやハイボール人気が要因と想定されます。

アルコール飲料


2.ノンアルコール飲料
1位から3位までは、前回と同じく「コカ・コーラ」「ペプシ」「カルピス」という結果になりました。「コカ・コーラ」は3回連続の1位となり、BPIスコア、記事数、推定閲覧数について、他を大きく引き離しています。2位の「ペプシ」は、新TVCMに「L'Arc-en-Ciel」を起用したことへの好意的な記事が多く見られ、話題性の数値も非常に高くなっています。また、3位の「カルピス」には新TVCMへの好意的な記事が多く見られたほか、子どもが幼稚園や保育所で「カルピスひな祭りプレゼント」を楽しんだという記事や、レシピに関する記事も見られました。
また、今回は、「キリン 午後の紅茶」が前回の8位から5位と紅茶系飲料の中で唯一ランクアップしています。昨年に引き続きミルクティーについての話題が多く、特に「エスプレッソティー」が多くの生活者の関心を集めていました。また、記事内容からは、印象的なTVCMが好評な様子や、「ヘルシーミルクティー」、「微糖シリーズ」などの低カロリー・ゼロカロリー商品についての話題も多く見られ、これらが複合的に作用したことが今回のスコアにつながっていると考えられます。
初登場で8位にランクインしている「サントリー チョコレートスパークリング」は、チョコレートと炭酸という組み合わせへの関心が、話題性の高い数値につながっていると想定されます。

ノンアルコール飲料


3.国産自動車
1位の「プリウス」は、リコール問題により話題性が高くなっているものの、2009年の新車乗用車販売台数ランキングで1位を獲得したことに関する記事も多く、3回連続の1位となりました。一方、前回2位の「インサイト」は今回3位となりました。
前回11位だった「ノート」は、4位にランクアップしています。記事内容を見ると、2009年から続く「低燃費少女ハイジ」のキャンペーンにおいて、新TVCMや新ラジオCMの放送に関する記事や、生活者がWEBムービー、ブログパーツなどの無料コンテンツを利用している記事が多く見られました。これらが連動することで、ランキングの大幅な上昇につながったと考えられます。

国産自動車


4.シャンプー
前回まで2回連続で1位だった「TSUBAKI」を抜いて、「パンテーン」が1位となりました。新商品の発売に合わせたTVCMの放映や、雑誌の付録などを活用したお試しキャンペーンで実際に商品を使用したという記事が多く見られました。

シャンプー


なお、分析結果の詳細やこれまで実施した「BPIブランドランキング 2009年7月〜9月版」「BPIブランドランキング 2009年10月〜12月版」の結果は「@niftyビジネス」(注7)の「商品ブランドに関するブログ分析レポート〜ニフティのBPIブランドランキング〜」からご確認いただけます。


<「BPIブランドランキング 2010年1月〜3月版」詳細>
・タイトル : BPIブランドランキング 2010年1月〜3月版
・アドレス : http://business.nifty.com/bpi/
        ※「@niftyビジネス」の「商品ブランドに関するブログ分析
         レポート〜ニフティのBPIブランドランキング〜」にて掲載。

当社は今後も定期的に「BPIブランドランキング」を発表していく予定です。
ソーシャルメディア上の生活者の声を分析し、分かりやすく指標化することで、生活者との最適なコミュニケーションの実現を目指す企業を支援していきます。


注1)「BPI-Brand」
当該商品ブランドが属する業界内におけるブランドポジションを定量的に可視化。「好感度」「関心度」「体験度」「共感度」の4つのポイントからBPIスコアを算出。

注2)前回のBPIブランドランキング
2010年2月2日発表。2009年10月から12月の3カ月間に投稿されたブログ記事の中から、「アルコール飲料」「ノンアルコール飲料」「国産自動車」「シャンプー」の4つの業界の商品ブランドに関する記述があるものを分析対象とした。
注3)「BPI-Burst」
当該商品ブランドについて言及されているブログ記事数の推移から、クチコミの瞬発的な盛り上がりである、話題性を測定。

注4)「BPI-Influence」
ブログが持つコメント数・トラックバック数・リンク数・被リンク数などのコミュニケーションの密度から、クチコミの広がりや商品ブランドに関する書き込みがあった記事の推定閲覧数、影響力のあるブロガーの数などを測定。

注5)「話題性」
BPI-Burstを用いて当該期間における記事数の増加割合を算出し指標としたもの。

注6)「推定閲覧数」
BPI-Influenceを用いて当該商品ブランドに関する書き込みがあった記事の推定閲覧数を算出したもの。

注7)@niftyビジネス( http://business.nifty.com/
向上心のあるミドルマネジメント層をターゲットに、仕事力の向上、自己実現(自己啓発、個人投資)など、関心が高い分野の魅力ある記事を独自の編集体制で配信するサイト。

以上

●@niftyのサービスに関するお問い合わせ窓口
 ニフティ株式会社 @niftyカスタマーサービスデスク
 Tel:フリーダイヤル 0120-32-2210
 http://support.nifty.com/

※製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。