ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2012年度下半期 > プレスリリース > 本文

ニフティとコムニコ、ライフメディア、共同で2013年度の新社会人を対象としたソーシャルメディアの利用実態調査を実施

プレス

2013年3月26日
ニフティ株式会社
株式会社コムニコ
株式会社ライフメディア

ニフティとコムニコ、ライフメディア、共同で2013年度の新社会人を対象としたソーシャルメディアの利用実態調査を実施
〜ソーシャルメディアは“日常”だが、入社後の上司、先輩への友達申請は半数以上が“可能な限りしようと思わない”〜

ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三竹 兼司、以下ニフティ)と株式会社コムニコ(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 雅之、以下コムニコ)、株式会社ライフメディア(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:宮澤 徹、以下ライフメディア)は共同で、2013年4月に社会人になる学生を対象に、ソーシャルメディアの利用実態調査を行いました。

<調査概要>
・調査対象: 2013年4月に社会人になる20〜26歳のソーシャルメディアを利用している学生(専門学校生は除く)
・有効回答数:559人(男性212人、女性347人)
・調査期間:2013年3月8日(金)〜3月11 日(月)
・調査方法:インターネットによるアンケート調査
※調査結果の数値は、小数点第2位以下を四捨五入して表示しています。

<調査結果トピックス>
1.2013年度の新社会人、60.6%がソーシャルメディアは“日常生活の一部”。82.3%が毎日利用。
2.24.5%が就職活動で活用。女性は「友人との情報共有」が多い傾向。
3.されたら断れない?上司・先輩からの友達申請。「Twitter」はプライベートで使いたい。


<調査の要旨>
1.2013年度の新社会人、60.6%がソーシャルメディアは“日常生活の一部”。82.3%が毎日利用。
2013年度の新社会人が最も利用するソーシャルメディアは「Twitter」で41.0%、次いで「LINE」31.5%、「Facebook」20.8%となった。男女別でみると女性の方が「LINE」の利用率が高い(35.7%)ことが分かった(グラフ1)。
ソーシャルメディアの利用頻度は「1日に何度も」「1日に一回程度」が回答者の82.3%を占め(グラフ2)、60.6%が「日常生活の一部だと思う」と回答した(グラフ3)。また、3人に1人となる33.5%が、ソーシャルメディア上で知り合った人と実際に会ったことがあると回答した(グラフ4)。
投稿内容に対する反応を「意識している」「やや意識している」は合わせて58.0%(グラフ5)で、複数サービスに登録している場合、52.2%が「サービスによって書き込む内容が違う」と回答した(グラフ6)。

(グラフ1)Q.あなたが最もよく利用しているソーシャルメディアをひとつお選びください。

(グラフ2)Q.あなたは普段ソーシャルメディアをどのくらい利用していますか。

(グラフ3)Q.あなたにとって、ソーシャルメディアは日常生活の一部だと思いますか。(グラフ4)Q.あなたはソーシャルメディア上で知り合った人と、実際に会ったことがありますか。

(グラフ5)Q.あなたは投稿内容が、ソーシャルメディア上でどのような反応を受けるか意識していますか。

(グラフ6)Q.サービスの使い方として、当てはまるのものをお選びください。


2. 24.5%が就職活動で活用。女性は「友人との情報共有」が多い傾向。
就職活動にソーシャルメディアを利用していたのは24.5%で(グラフ7)、主な利用用途には「就職フェアなどの情報収集」や「企業から発信された採用情報の収集」、「友人・知人と就職活動の情報共有」があげられた(グラフ8)。利用用途をサービス別・男女別にみると、「Twitter」「Facebook」ともに、男性は公開されているものの「情報収集」に利用し、女性は男性に比べて「友人・知人との就職活動の情報共有」に利用する傾向が見られた(グラフ9)。
ソーシャルメディアというツールが就職活動に「とても活用できる」「やや活用できる」としたのは合わせて47.6%だった(グラフ10)。


(グラフ7)Q.あなたは就職活動にソーシャルメディアを利用していましたか。

(グラフ8)Q.あなたは就職活動で、ソーシャルメディアをどのように利用していましたか。それぞれのソーシャルメディアごとにお選びください。

(グラフ9)Q.あなたは就職活動で、ソーシャルメディアをどのように利用していましたか。それぞれのソーシャルメディアごとにお選びください。

(グラフ10)Q.ソーシャルメディアは就職活動に活用できるツールだと思いますか。


3.されたら断れない?上司・先輩からの友達申請。「Twitter」はプライベートで使いたい。
入社後、上司や先輩社員への自分からの友達申請について、「積極的にしようと思う」は6.1%にとどまり、「サービスによってはしようと思う」は35.1%、「可能な限りしようと思わない」は半数を超える58.9%となった(グラフ11)。一方、上司や先輩社員から友達申請が届いた場合には「積極的に承認する」が28.8%、「サービスによってはしようと思う」が42.8%、「可能な限りやり過ごそうと思う」が28.4%となった(グラフ12)。※回答理由(フリーアンサー)の抜粋を文末に掲載。

(グラフ11)Q.あなたは入社後、上司や先輩社員への友達申請をしようと思いますか。(グラフ12)Q.あなたは上司や先輩社員から友達申請が届いた場合、承認しますか。

「サービスによってはしようと思う」の内訳では、自分からの申請においては、43.4%が「Facebook」は「積極的にしようと思う」と回答し、他のサービスと比べて最も多かった。上司や先輩社員からの友達申請に対しては、「LINE」は36.4%、「Facebook」は35.1%が「積極的に(承認)しようと思う」と回答した。なお、自分からの申請、上司や先輩社員からの申請承認のいずれも、「Twitter」は半数以上が「可能な限りしようと思わない」と回答していて、よりプライベートな利用に制限したいと思っていることが見て取れた(グラフ13、14)。
(グラフ13)Q.「サービスによってはしようと思う」と回答した方にお聞きします。あなたは入社後、上司や先輩社員への友達申請をしようと思いますか。サービスごとに教えてください。(グラフ14)Q.「サービスによってはしようと思う」と回答した方にお聞きします。上司や先輩社員から友達申請が届いた場合、承認しますか。サービスごとに教えてください。

入社後の利用について、ソーシャルメディア上の「勤務先」の項目に「すでに登録している」「入社後に登録する予定」と回答したのは合わせて14.5%にとどまり、「登録しようとは思わない」が57.4%と半数を超えた(グラフ15)。また、「仕事上の人脈づくりや情報収集などでソーシャルメディアを活用したいか」という問いに対して「したいと思う」「ややしたいと思う」と答えたのは合わせて37.9%、「あまり思わない」「思わない」が合わせて62.1%となった(グラフ16)。

(グラフ15)Q.あなたはソーシャルメディア上の「勤務先」の項目に、入社予定の会社を登録しますか。(グラフ16)Q.あなたは入社後、仕事上の人脈づくりや情報収集などでソーシャルメディアを活用したいと思いますか。


ニフティとコムニコ、ライフメディアは、今後も継続してソーシャルメディアに関する調査を実施し、公開していきます。


●参考)
【グラフ11、12の回答理由抜粋】
(表1)グラフ11(自分から友達申請をするか)の回答理由※抜粋、(表2)グラフ12(上司や先輩社員からの申請を承認するか)の回答理由※抜粋

【過去の調査結果】
「新成人を対象としたソーシャルメディアの利用実態調査」


■ニフティ株式会社( http://www.nifty.co.jp/
ニフティ株式会社は、インターネットサービス「@nifty(アット・ニフティ)」を運営するインターネットサービス事業者です。“ニフティとなら、きっとかなう。 With Us, You Can.” をコーポレートメッセージとし、高品質で安心・安全なサービスの提供を通じて、お客様の日々の生活をより便利で豊かにするための支援をしています。

■株式会社コムニコ( http://www.comnico.jp/
株式会社コムニコは、企業の「Facebook ページ」の開設や運営で多数の実績があり、今後もその経験を活かし、企業のソーシャルメディア上の活動をさまざまな形で支援してまいります。

■株式会社ライフメディア( http://www.lifemedia.co.jp/
株式会社ライフメディアは、アンケートサイト『ライフメディア』を運営する企業です。約52万人のメンバーを対象に市場調査・広告はもとより、ネット上でのコミュニケーションをベースにしたさまざまなマーケティング・サービスを提供しております。

以上

●本調査結果をご使用になる場合は、事前にご連絡ください。
E-mail:pr@nifty.com

※「Facebook」はFacebook,Inc.の登録商標です。
※「Twitter」はTwitter,Inc.の商標または登録商標です。
※「LINE」は、NHN Japan株式会社の商標または登録商標です。
※「mixi」は、株式会社ミクシィの登録商標または商標です。
※その他、製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。

PDF

PDF版はこちら(936KB)