ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2013年度上半期 > プレスリリース > 本文

『ニフティクラウド』、サービス品質保証制度(SLA)を99.99%に改定

プレス

2013年7月30日
ニフティ株式会社

『ニフティクラウド』、サービス品質保証制度(SLA)を99.99%に改定
〜より信頼性の高いシステム環境へ〜
http://cloud.nifty.com/

ニフティは、パブリック型クラウドコンピューティングサービス『ニフティクラウド』のサービス品質保証制度(Service Level Agreement、以下SLA)において、保証する月間サーバー稼働率を99.95%から99.99%に改定し、2013年7月の利用分から適用を開始します。

近年パブリッククラウドを利用する企業が増加し、業務システムなどに活用分野が広がるにつれ、安定性や高い可用性などパブリッククラウドに求められる要件も高まってきています。
『ニフティクラウド』は2010年1月に国内でいち早くサービスを開始し、クラウドならではのオンデマンド性の追求に加えて、複数の堅牢なデータセンターでのシステム運用や冗長構成の採用、高負荷への対策、各種セキュリティ対策、公的認証の取得などを通じ、安心・安全なサービスを提供してきました。現在2,000件を超える(2013年1月末時点)案件への導入実績があります。
この度、2013年1月〜6月の月間平均稼働率が99.9999%を超えていることに加え、同サービスを利用中の企業や導入を検討している企業からの、さらなる安定性と可用性への要望に応えるため、SLAを改定しました。

『ニフティクラウド』は今後も、安心・安全なサービス提供と機能の向上に努め、企業のクラウドサービスの活用を支援していきます。

■『ニフティクラウド』のSLAについて
利用IDごとに合計した月間のサーバー稼働率が99.99%を下回った場合、当該月度分のご利用料金の10%分を、翌々月以降のご利用料金から減額します。

○保証する月間サーバー稼働率
 99.99%以上
○サーバー稼働率の考え方について
 月間稼働率 =(月間総稼働時間−累計障害時間)÷月間総稼働時間×100
 ※ネットワーク環境やディスクの動作異常については、それによって影響を受けたサーバーの台数を基準に、
  サーバー稼働率として換算します。
○サーバー停止と見なす処理途絶時間
 3分以上

◆その他詳細は以下アドレスをご確認ください。
 http://cloud.nifty.com/sla/

<ご参考:今回の主な変更点>
○保証する月間サーバー稼働率
 変更後:99.99% 変更前:99.95%
○サーバー停止と見なす処理途絶時間
 変更後:3分以上 変更前:5分以上

以上

●『ニフティクラウド』に関するお問い合わせ窓口
 Tel:フリーダイヤル 0120-22-1200
 http://cloud.nifty.com/

PDF

PDF版はこちら(248KB)


※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。