ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2013年度下半期 > プレスリリース > 本文

『ニフティクラウド』、システムインテグレーションに必要な機能をPaaSとして提供

プレス

2013年10月8日
ニフティ株式会社

『ニフティクラウド』、システムインテグレーションに必要な機能をPaaSとして提供
〜「RDB」「メール配信」「DNS」など多彩な機能を用意〜

ニフティが提供するクラウドサービス『ニフティクラウド』は、システムインテグレーションに必要な機能をPaaS(Platform as a Service)として2013年12月以降、順次提供します。

近年企業のシステム開発の現場では、インフラ環境構築の迅速化やTCO(総保有コスト)削減の観点から、IaaS(Infrastructure as a Service)が採用されるケースが増えています。『ニフティクラウド』でも、IaaSを中心にサービスを展開し、提供開始以来2,000件を超える(2013年1月末時点)お客様に採用いただいています。
今回、IaaSを用いてシステムを構築する際に必要な機能を、PaaSとして提供することで、さらなる開発・運用工数やコストの削減を支援し、エンジニアがシステム品質や付加価値の向上に集中できるクラウドサービスとして『ニフティクラウド』を発展させていきます。

提供を予定している機能は「RDB」「メール配信」「DNS」「メッセージキュー」の4つです。お客様は、あらかじめチューニングされたこれらの機能をIaaSと合わせてオンデマンドで利用でき、API経由で操作することも可能です。
さらに、現在提供しているシステム構築・運用の自動化ツール「CloudAutomationβ(クラウドオートメーションベータ)」が、サーバーやファイアウォール、ロードバランサーなどに加えて、今後「RDB」など今回発表の各機能をサポートする予定です。これにより、迅速かつ高品質なシステム構築と効率的な運用が可能になります。

<各機能実装後のシステム開発イメージ>
各機能実装後のシステム開発イメージ

各機能の概要と特長は以下の通りです。

◆「RDB」(Relational Database)
○概要
お客様の業務に必要なデータを管理し、容易に検索・抽出することができる「RDB」をクラウド上で提供します。
○特長
・MySQL(5.5/5.6)、PostgreSQL(9.2)に対応。
 ※PostgreSQL(9.2)はMySQL(5.5/5.6)の対応後に提供予定(2014年春予定)。
・RDBの構築、管理、運用、拡張をGUIもしくはAPI経由で利用可能。
・アクティブ/スタンバイの冗長構成やリードレプリカ(非同期レプリケーション)の構築機能を用意。
・リソースの利用率、ログなどのモニタリング機能を提供。
・「ニフティクラウドストレージ」への自動データバックアップ機能を用意。

◆「メール配信」
○概要
携帯/PC向けの大規模メール配信システムです。
○特長
・携帯大手キャリアにも活用されている、テックファーム株式会社(以下、テックファーム)の「STARMAIL( http://www.star-mail.jp/ )」とのパートナーシップにより実現。
・大手3キャリアに対応。NTTドコモの携帯電話へのメール配信の場合、送信先のメールサーバーの特徴を分析し、メール配信のスピードなどをリアルタイムに制御することで、業界最速クラス(テックファーム調べ)の1時間あたり100万通のメール配信を安定して行うことが可能。
・インターフェースはSMTP方式とAPIを用意。

◆「DNS」(Domain Name System)
○概要
お客様で構築・管理・運用できるDNSサーバーです。さらに、ドメイン取得から管理まで一貫したサービスを提供します。
○特長
・ラウンドロビンの重み付け機能を用意。
・サイトダウン時に自動的にアクセスをセカンダリーサイトに振り分けるフェイルオーバーを用意。

◆「メッセージキュー」
○概要
制御やデータを伝達するメッセージを確実に配信し、サービスやアプリケーションなど、システム間の柔軟な連携を実現する機能です。
○特長
・格納したデータを順番に取り出すことができるFIFO(先入れ先出し)や、一定時間メッセージを監視するロングポーリングなどの機能を提供。
・複雑だったクラウド内あるいはクラウドとオンプレミス間のシステム連携やデータ統合をシンプルに実現。
・バッチ処理をはじめ、複数のプロセス/サービス間の通信や非同期処理に幅広く利用可能。

各機能の詳細仕様や価格は正式開始時に以下アドレスでお知らせします。
http://cloud.nifty.com/

<ご参考:「CloudAutomationβ」>
サーバー、ファイアウォール、ロードバランサーなど、システムの構成や設定を、テキスト形式(JSON)のテンプレートを用いてコントロールパネルから一括で行えるツール。これにより、従来手動で行っていた作業を自動化することができる。
「CloudAutomationβ」の詳細は以下アドレスをご確認ください。
http://cloud.nifty.com/service/ca.htm

なお、2013年10月9日(水)〜10月11日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「Cloud Days Tokyo 2013 Fall」に『ニフティクラウド』を出展し、本日発表した各機能を展示します。

■「Cloud Days Tokyo 2013 Fall」の出展概要
○開催日時
2013年10月9日(水)〜2013年10月11日(金)
10時〜17時30分
○会場
東京ビッグサイト
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1

詳細は以下アドレスをご確認ください。
http://cloud.nifty.com/cs/catalog/cloud_news/catalog_130920001438_1.htm

以上

●『ニフティクラウド』に関するお問い合わせ窓口
 Tel:フリーダイヤル 0120-22-1200
 http://cloud.nifty.com/

PDF

PDF版はこちら(307KB)


※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。