ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2013年度下半期 > プレスリリース > 本文

ニフティ、消費増税に関する調査を実施

プレス

2013年10月29日
ニフティ株式会社

ニフティ、消費増税に関する調査を実施
〜90%以上が増税を機に節約をより意識。節約TOP3は「食費(内食)」、「外食」、「光熱費」〜

ニフティは、主婦向け無料サービス「シュフモ」(注1)、女性向けコミュニティアプリ「ミミロバ!」(注2)の利用者に対し、消費増税に関する意識調査を行いました。
調査の結果、増税反対派は66.4%と半数を超え、増税を機に「節約を意識するようになる」と答えたのは90.5%となりました。また、節約を強く意識するものTOP3には「食費(内食)」、「外食」、「光熱費」が挙げられ、節約を意識する人のうち63.7%が、毎月5,000円以上の家庭での節約が必要になると答えました。

<調査概要>
・調査対象 :主婦向け無料サービス「シュフモ」利用者、女性向けコミュニティアプリ「ミミロバ!」利用者
・有効回答数:5,121人(男性582人、女性4,539人)
・調査期間 :2013年10月11日(金)〜 10月15日(火)
・調査方法 :インターネットによるアンケート調査
※調査結果の数値は、小数点第2位以下を四捨五入して表示しています。

<調査結果トピックス>
1.89.5%が景気回復を感じておらず、66.4%が増税に反対
2.90.5%が増税を機に節約を意識。節約TOP3は「食費(内食)」、「外食」、「光熱費」
3.節約を意識する家庭では、毎月5,000円以上の節約が必要63.7%
4.増税前に購入しておく物は「食料品」と「家電製品」



<調査の要旨>
1.89.5%が景気回復を感じておらず、66.4%が増税に反対
「アベノミクスやオリンピック開催などニュースで取り上げられているような景気の回復感を実感できているか」に対して、「ほとんど感じていない」「まったく感じていない」と回答したのは全体の89.5%にのぼった(グラフ1)。また、全体の66.4%が増税に反対と回答した(グラフ2)。

(グラフ1)Q.アベノミクスやオリンピック開催などニュースで取り上げられているような景気の回復感を実感できていますか?(単一回答) (グラフ2)Q.ずばり、2014年4月からの増税について賛成ですか(単一回答)


2.90.5%が増税を機に節約を意識。節約TOP3は「食費(内食)」、「外食」、「光熱費」
今回の増税が自分の生活に「とても影響する」と回答したのは75.6%となり(グラフ3)、「現状と比較して節約を意識するようになると思うか」については「とても意識すると思う」「少しは意識すると思う」があわせて90.5%となった(グラフ4)。

(グラフ3)Q.今回の増税はあなたの生活に影響を及ぼしますか?(単一回答) (グラフ4)Q.増税にあたり、現状と比較してより節約を意識するようになると思いますか?(単一回答)

「節約を意識するようになると思う」と回答した人が、支出を強く意識するもののTOP3には「食費(内食)」「外食」「光熱費」が挙げられ、次いで「衣服、衣料」「日用品」となった(グラフ5)。

(グラフ5)Q.どんな支出に対して節約を意識すると思いますか?強く意識するものを3つまでお答えください。(複数回答)


3.節約を意識する家庭では、毎月5,000円以上の節約が必要63.7%
「節約を意識する」人のうち、毎月必要となる節約の額は、10,000円以上が33.8%、5,000円以上10,000円未満が29.9%となった(グラフ6)。

(グラフ6)Q.増税によって、あなたの家庭では、毎月にどの程度の節約が必要になりますか?(単一回答)

実際に節約をするタイミングとしては「すでに節約している」が41.6%、「増税前に節約を始める」が41.9%と、80%以上が増税を待たずに節約をする(している)ことが分かった(グラフ7)。具体的な節約方法には「特売品でのまとめ買い」が半数以上、
「スーパーのはしご」も45.5%となった(グラフ8)。

(グラフ7)Q.いつから実際に節約しますか?(単一回答)(グラフ8)Q.買い物について、具体的な節約方法を教えてください。(複数回答)


4.増税前に購入しておく物は「食料品」と「家電製品」
増税前に買っておこうと具体的に購入を検討しているものには「食料品(買いだめできるもの)の次に「家電製品」が挙げられた(グラフ9)。

(グラフ9)Q.増税前にこれは買っておこうと、具体的に購入を検討しているものはありますか?(複数回答)

このほか、増税によって確保された財源の使い道に希望する内容は「年金政策」「医療支援」「景気回復」がそれぞれ50%以上となり(グラフ10)、子どもを持つ回答者の80.0%は、「子育て支援」に充ててほしいと回答した(グラフ10-2)。また、自由回答には「増税の前に政府の無駄を削ってほしい」「税金の無駄遣いだけはしないでほしい」「増税は仕方がないが、今後の生活が不安」「増やすからには、目に見える効果を期待する」などの声が挙げられた。

(グラフ10)Q.増税により確保された財源はどんなものに使ってもらいたいと思いますか?(複数回答)

(グラフ10-2)Q.増税により確保された財源はどんなものに使ってもらいたいと思いますか?(複数回答)※子どもを持つ回答者の回答結果

(自由回答から一部抜粋)


当社は、これからも主婦の意識・動向調査を継続して実施していきます。


(参考)上記以外の調査結果

(グラフ11)Q.増税にともない、価格表記方法がお店・商品ごとに異なる可能性がありますが、どのような価格表記がわかりやすいと思いますか?(単一回答)

(グラフ12)Q.主婦の方は、働きに出たいと思いますか?(単一回答) (グラフ13)Q.お仕事(フルタイム、パートタイムなど)されている方は、自身のお仕事についてお答えください(単一回答)



注1)「シュフモ」( http://shuf.jp/
主婦を対象にした無料サービス。全国約9,800店舗の「チラシ情報」、毎日の献立づくりのヒントになる約7,000の「レシピ」をはじめ、主婦力アップに役立つ「お役立ちコラム」、食品や飲料、サプリなど話題の商品を配送関係費だけで試せる「お試し商品」やお得なクーポン情報も提供している。会員数約179万人(2013年9月末現在)。

注2)「ミミロバ!」( http://mimiroba.jp/
女性を対象とした、子育てや家計、夫婦間の人には言えない話など、女性のホンネを打ち明けられる完全匿名性のコミュニティアプリ。2013年9月に提供を開始。

以上

PDF

PDF版はこちら(487KB)


※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。