ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2013年度下半期 > お知らせ > 本文

『ニフティクラウド』、「IPアドレス付替サービス」と、「Windows Server リモートデスクトップ接続 Microsoft Office (Standard/Professional Plus)」を提供開始

お知らせ

2014年3月13日
ニフティ株式会社

『ニフティクラウド』、「IPアドレス付替サービス」と、
「Windows Server リモートデスクトップ接続 Microsoft Office
(Standard/Professional Plus)」を提供開始

ニフティが提供するクラウドサービス『ニフティクラウド』は、「IPアドレス付替サービス」と、Office利用ライセンスが付いたWindows Server イメージ「Windows Server リモートデスクトップ接続 Microsoft Office(Standard/Professional Plus)」を、本日3月13日(木)から提供開始します。

「IPアドレス付替サービス」は、固定IPアドレスをサーバーに設定/解除できるサービスです。例えば、メンテナンス目的で本番系サーバーを代替サーバーと入れ替える場合に、本番系サーバーに設定しているIPアドレスを代替サーバーにそのまま付け替えることが可能になります。ネットワーク設定の変更が不要になるため、メンテナンスによる停止時間を短縮できます。また、すでに提供中の「カスタマイズイメージ」機能を用いてあらかじめサーバーのバックアップイメージをとっておけば、運用中のサーバーに問題が生じた際、すぐにバックアップしたイメージからサーバーを作成してIPアドレスを付け替えることができ、サーバーの迅速な復旧が可能になります。

<「IPアドレス付替サービス」活用例:サーバーの復旧>
<「IPアドレス付替サービス」活用例:サーバーの復旧>

「Windows Server リモートデスクトップ接続 Microsoft Office(Standard/Professional Plus)」は、あらかじめSPLA(注)に対応した「Microsoft Office」がインストールされたサーバーイメージです。利用者はコントロールパネルからその月の利用ライセンス数を報告するだけで、ライセンスが付与された「Microsoft Office」を利用できます。ニフティクラウド上で簡単にOffice実行環境を構築でき、サーバーの保守管理やライセンス管理にかかる工数を削減できるため、「Windows Server 2003」のサポート終了を前に、使い慣れたOffice環境をクラウドに移行する際の移行先としても適しています。

「IPアドレス付替サービス」と「Windows Server リモートデスクトップ接続 Microsoft Office (Standard/Professional Plus)」の概要は、以下の通りです。


■IPアドレス付替サービス
 ○概要  : 固定IPアドレスをサーバーに設定/解除できます。
         サーバーからIPアドレスを解除して再度設定する必要が生じた際にも引き続き利用でき、
         IPアドレスの変更に伴うネットワークの再設定が不要になります。
         提供中の「カスタマイズイメージ」機能と組み合わせて利用することで、サーバーの迅速な復旧が可能になります。
         ※グローバル、プライベートいずれも、ゾーンごとに5個まで取得可能。
         ※IPアドレスの指定は不可。
         ※ゾーンをまたいでのIPアドレスの付け替えは不可。
 ○利用方法: コントロールパネル、API
 ○利用料金: 1IP 500円/月(税抜)
 ○アドレス: http://cloud.nifty.com/service/ip.htm

■Windows Server リモートデスクトップ接続 Microsoft Office(Standard/Professional Plus)
 ○概要  : SPLAに対応した「Microsoft Office」がインストールされたサーバーイメージです。利用者はコントロールパネル上で
         毎月の利用ライセンス数を報告するだけで、クラウド上で「Microsoft Office」を利用できます。
         「Microsoft Office」の利用に必要なRDS(リモートデスクトップサービス)とあわせて提供します。
 ○利用方法: コントロールパネル
 ○利用料金: Windows Server リモートデスクトップ接続
          RDS ライセンス           570円/月(税抜)
          Microsoft Office Standard 1,700円/月(税抜)
          Microsoft Office Professional Plus 2,300円/月(税抜)
         ※RDSライセンスは、利用する「Microsoft Office」 1ライセンスにつき1つ、必要になります。
         ※1ライセンスごとに料金が発生します。
         ※別途OSとサーバーの利用料金が発生します。
 ○アドレス: http://cloud.nifty.com/service/licence_ms.htm


なお、本日このほかにも、起動中のサーバーから接続中の追加ディスクを外すことができる機能(ホットデタッチ)の追加や、コントロールパネルからの専有サーバー操作など、『ニフティクラウド』のオンデマンド性を向上させる機能強化を実施します。詳細は以下のサービスページをご覧ください。

 ○サービスページアドレス:http://cloud.nifty.com/cs/catalog/cloud_news/catalog_140310001688_1.htm

『ニフティクラウド』は、今後もシステム環境の柔軟な構築・運用を支援する機能を強化し、さまざまな場面でご利用いただけるクラウドサービスの提供に努めていきます。


注)SPLA
Microsoft Services Provider License Agreement。米国Microsoft Corporationが提供するライセンス体系。「Windows Server 2012」などのソフトウェアを、クラウドサービス事業者などが自社のサービス利用者に提供できる。

以上

●『ニフティクラウド』に関するお問い合わせ窓口
 Tel:0120-22-1200(通話料無料、平日9:00〜17:45)
 http://cloud.nifty.com/

※「Microsoft Office」と「Windows Server 2012」は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。

PDF

PDF版はこちら(409KB)