ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2014年度上半期 > プレスリリース > 本文

ニフティ、インフラ基盤の運用サービスとクラウドサービスにおいて、独SAP社より認定を取得

プレス

2014年7月14日
ニフティ株式会社

ニフティ、インフラ基盤の運用サービスとクラウドサービスにおいて、
独SAP社より認定を取得
〜SAPソリューションを安定運用できるクラウド基盤の提供者として認定〜
http://cloud.nifty.com/

ニフティは、SAP SE(本社: Walldorf, Deutschland、CEO:Bill McDermott、以下SAP)より、インフラ基盤の運用サービスとクラウドサービスの品質に関して認定を受け、「SAP Certified in Infrastructure Operations Services」および「SAP Certified in Cloud Services」を取得しました。「SAP Certified in Infrastructure Operations Services」の取得は日本で初となります。

「SAP Certified in Infrastructure Operations Services」および「SAP Certified in Cloud Services」は、インフラ基盤の運用サービスおよびクラウドサービスにおいて、データセンターの堅牢性や災害対策、セキュリティ、運用管理プロセスなどが、SAPの設定したサービス品質基準を満たしている企業を認定するものです。

当社が提供するクラウドサービス『ニフティクラウド』は、2010年1月にサービスを提供開始して以来、約150社のパートナーの協力のもと、3,000件以上の案件で導入されています。近年、企業の基幹システムにおいてもクラウドの導入を検討するお客様が増え、『ニフティクラウド』上でSAPソリューションを展開したいというご相談を多数いただいていました。このたび、SAPソリューションを運用するインフラ基盤として『ニフティクラウド』をより安心してご利用いただけるよう、本認定を取得しました。
当社は、今回の認定取得によって、基幹システムをはじめとする企業システムへのクラウドの導入を推進し、パートナーと共にお客様のビジネスを支援していきます。


本認定の取得にあたり、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 山本 正已、以下富士通)およびSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)よりエンドースメントをいただいています。

●富士通からのエンドースメント
ニフティクラウドがSAP認定を受けたことを歓迎いたします。これにより、ERP等の基幹システムをはじめ、お客様システムのあらゆるニーズに応えるエンタープライズ向けのパブリッククラウドサービスとして、当社にとってますます重要なソリューションの一つになることを確信しております。
富士通株式会社
執行役員 クラウド事業本部長
岡田 昭広
●SAPジャパンからのエンドースメント
このたび、ニフティ株式会社がSAP認定インフラストラクチャーおよび同クラウドサービスプロバイダーとなられたことを歓迎いたします。本認定は、SAPのソフトウェアをご利用いただく環境として高品質のインフラ/クラウドサービスを提供されるパートナー企業をSAP SEが認定するものです。ニフティ株式会社が、柔軟で革新的なサービスを低コストで利用できるインフラ/クラウド環境を提供し、SAPのソフトウェアをご利用のお客様からのご要望に、高品位のサービスでお応えいただくことを期待します。
SAPジャパン株式会社
バイスプレジデント
パートナー統括本部 統括本部長
反町 浩一郎


当社は、これからも「ニフティとなら、きっとかなう。With Us, You Can.」というコーポレートメッセージのもと、今後もパートナーと共にお客様の声に基づいたクラウドサービスを展開していきます。

以上

●『ニフティクラウド』に関するお問い合わせ窓口
 Tel:0120-22-1200 (通話料無料、平日9:00〜17:45)
 http://cloud.nifty.com/

※ 「SAP」、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名は、ドイツおよびその他世界各国におけるSAP SEの登録商標または商標です。
※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。

PDF

PDF版はこちら(260KB)