ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2014年度上半期 > お知らせ > 本文

ニフティ、クラウドサービスを“箱”で提供する「ハコクラ NIFTY Cloud selection」に、店舗向けCTIサービス、電子帳票ワークフローサービスを追加

お知らせ

2014年7月15日
ニフティ株式会社

ニフティ、クラウドサービスを“箱”で提供する「ハコクラ NIFTY Cloud selection」に、
店舗向けCTIサービス、電子帳票ワークフローサービスを追加

ニフティは、SaaS(注1)を箱形のパッケージにして提供する「ハコクラ NIFTY Cloud selection(ハコクラ ニフティクラウドセレクション)」(以下、「ハコクラ」)のラインアップに、店舗向けCTI(注2)サービス「シンカCTI」、電子帳票ワークフローサービス「Streamline」の2タイトルを、本日2014年7月15日(火)から追加します。

「ハコクラ」には、『ニフティクラウド』のパートナーが提供するSaaSを一定期間試用することができるプロダクトキー(注3)と利用マニュアルが同梱されていて、購入後すぐに試用を開始することができます。価格は880円(税抜)で、試用期間終了後に継続を希望する場合は、所定のWebサイトからお申し込みいただくことで、月額または年額料金で正式利用をすることができます。
「ハコクラ」は2013年10月2日の開始以来、中小企業の“ワークスタイル変革”をテーマとした各種タイトルを提供し、今回の追加で累計26タイトルとなりました。その他のタイトル一覧と「ハコクラ」の詳細はサービスページをご確認ください。

・サービスページ:
 http://select.cloud.nifty.com/hako/
・「ハコクラ」開始時の発表内容(2013年10月2日):
 http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/130930004264/1.htm

<各タイトルのパッケージイメージ>
各タイトルのパッケージイメージ

今回追加する各タイトルの概要は以下のとおりです。

◆各タイトルの概要
○「シンカCTI」(開発元: 株式会社シンカ)
・概要
「シンカCTI」は、日本人が得意とする“おもてなし”対応を電話でも可能にするサービスです。電話着信時に、登録されているお客様情報をパソコンやタブレット、スマートフォンに表示します。購入商品や折衝履歴を見ながら最高の“おもてなし”対応ができるため、リピート率や顧客単価のアップに貢献します。
・試用期間
30日間
・正式版のプラン名/利用料金 ※試用期間終了後に継続を希望する場合
ひかりプラン(5回線まで):
初期費用60,000円(税抜)、月額費用 9,800円(税抜)
※本サービスは光ファイバーによるインターネット接続のみに対応しています。詳細はサービスページをご確認ください。

○「Streamline」(開発元: 株式会社ミトリ)
・概要
「Streamline」は、紙の申請業務をそのまま電子ワークフローに移行できるサービスです。PCはもちろん、スマートフォンやタブレットからの申請や報告、承認が可能になるため、業務効率を大幅にアップさせ、コストも削減できます。また、現在利用中の稟議書や勤怠届けの書式を、そのままワークフローの申請フォームとして利用できます。
・試用期間
30日間
・正式版の利用料金 ※試用期間終了後に継続を希望する場合
初期費用5,000円(税抜)、月額費用 300円/ユーザー(税抜)
※詳細はサービスページをご確認ください。

当社は今後もお客様の要望を取り入れながら、「ハコクラ」のラインアップを追加していく予定です。

注1)「SaaS」
SaaS(サース、Software as a Service)は、ソフトウェアの機能のうち、利用者が必要とするものだけをサービスとして利用できるようにしたソフトウェアの提供形態。

注2)「CTI」
Computer Telephony Integrationの略。コンピューターシステムと電話網をつなぎ、電話応対業務の高度化を実現するシステム。

注3)「プロダクトキー」
ソフトウェアに付属している、パッケージごとに固有の番号。

以上

●「ハコクラ」に関するお問い合わせ窓口
 ニフティ株式会社
 クラウドソリューション部 芦田
 Tel: 03-6807-4531 E-mail: hakokura@list.nifty.co.jp

PDF

PDF版はこちら(413KB)


※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。