ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2014年度下半期 > お知らせ > 本文

「うまいもんプロデューサー」をリニューアル 地方特産品の魅力を発掘するコーナーを新設

お知らせ

2015年2月19日
ニフティ株式会社

「うまいもんプロデューサー」をリニューアル
地方特産品の魅力を発掘するコーナーを新設
〜地方の良さを磨き、伸ばし、『うまいもん』で地方創生を目指す〜
http://umaimon-p.nifty.com/

ニフティは、株式会社電通と共同で提供する生活者参加型の地方特産品開発支援サービス「うまいもんプロデューサー」(注1)をリニューアルしました。地方特産品を扱う事業者が既に販売している商品を紹介し継続的に情報発信できるコーナーなどを新設し、商品開発に加え、生活者との対話の中から地方特産品の魅力も発見できるコミュニティサービスとして提供していきます。

「うまいもんプロデューサー」トップページイメージ
<「うまいもんプロデューサー」トップページイメージ>


「うまいもんプロデューサー」は地方のおいしい特産品=『うまいもん』を作りたいという地方の中小事業者を、『うまいもん』を食べたい全国のインターネット利用者(以下、プロデューサー)がコメントやアンケートを通じて応援し、一緒に『うまいもん』を作り上げるサービスとして、商品の開発や改良に特化して展開してきました。これまでに6つの商品が完成し、現在も28のプロジェクトが進行しています(2015年1月末現在)。また、事業者とプロデューサーの関係構築を支援するリアルイベント「うまPナイト」(注2)も実施しています。

プロジェクトが進行する中で、商品開発についての情報のやり取りだけでなく、悩む事業者に対するプロデューサーからの温かい叱咤激励や率直な問いかけによる、両者の密な対話が、事業者自身が気づけなかった商品の強みや良さを発見する手助けになることが見えてきました。また、プロデューサーの食への興味関心が高いことから、事業者から「すでに販売している商品のことも伝えたい」という要望も多くいただいてきました。

そこでこのたび、既存商品を掲載するコーナー「うまいもんを発掘しよう」と、編集部による特集記事コーナーを新設し、商品開発に加え、生活者との対話の中から地方特産品の魅力を発見できるコミュニティサービスにリニューアルしました。

「うまいもんを発掘しよう」コーナーでは、事業者は既存商品を掲載し、その商品の情報や開発背景、生産現場の状況から催事への出店情報、身近な近況報告などを継続的に発信することができます。事業者はプロデューサーからの応援ボタンでの反応を通じて商品の持つ特長を再認識するきっかけを得られたり、コメントでコミュニケーションをとることで、商品や事業者自身のファンづくりをすることができます。

「うまいもんプロデューサー」編集部による特集記事コーナーでは、事業者が発信した情報をより分かりやすく解説したり、地方や地方特産品に関する情報を広く発信したりしていきます。インターネット利用者が地方や地方特産品を、身近に楽しく感じられるコーナーを目指します。

2015年は「地方創生元年」とも言われています。「うまいもんプロデューサー」は提供開始以来、“ニッポンの元気は、地方の元気から。地方の元気は、『うまいもん』から。”というキャッチフレーズを掲げ、作り手である事業者とインターネット利用者をつなぎながら、地域の食による活性化を支援してきました。今後も、『うまいもん』を起点にして、地方創生の一翼を担う事業者と一緒に商品の良さを磨き、伸ばすことで地方を元気にする事業を展開していきます。

■「うまいもんプロデューサー」概要
○サービスページアドレス : http://umaimon-p.nifty.com/

○利用方法など
【事業者】
 商品掲載や情報発信の方法、料金についてはお問い合わせください
 ・問い合わせフォーム : https://umaimon-p.nifty.com/info/contact

【インターネット利用者】
 閲覧は無料です。プロデューサーになるには会員登録が必要です。
 @nifty ID、Facebook、Twitter各ID、またはメールアドレスで登録してください。

注1)「うまいもんプロデューサー」
2013年から提供している、ニフティと株式会社電通が共同で提供する生活者参加型の地方特産品開発支援サービス。ニフティの持つ生活者共創型商品開発のノウハウや食に興味のあるユーザー、電通が持つ地域ネットワーク力やマーケティング技術、全国の地方銀行や地方自治体・関連組織との連携を融合させ、“地方と全国”、“ネットとリアル”を結びつける。今回のリニューアルにより、すでに販売している商品の情報発信の場としても提供し、作り手(事業者)と買い手(プロデューサー)の双方から地方特産品の魅力を引き出していく。
 ◆「うまいもんプロデューサー」から誕生した商品
  ・「きりたんぽ鍋風餃子」(秋田)
  ・地ビール「ブナの森」(秋田)
  ・「あきたパールベリー」(秋田)
  ・「桜田さんのじゅんさいさくら鍋」(秋田)
  ・「くまもとスムージー」(熊本)
  ・「はいからっと」(秋田)
 ※商品完成までの詳細や販売場所などは「うまPショップ」で紹介しています。
  ページアドレス : https://umaimon-p.nifty.com/shop/

注2)「うまPナイト」
「うまいもんプロデューサー」に参加する事業者とプロデューサーを集めたリアルイベント。開発中の商品や完成品を試食しながら、事業者とプロデューサーが直接意見交換をし、商品開発に生かす。これまでに3回開催し(うち1回は「@niftyスイーツ部」との合同イベント)、事業者同士、プロデューサー同士の交流の場にもなっている。
○うまPナイトのイベントレポート
 ・大盛況でした!「うまPナイトvol.1」
  http://blog.umaimon-p.nifty.com/blog/2014/09/pvol1-1312.html
 ・うまP1周年記念「うまPナイトvol.2」の模様をご紹介!
  http://blog.umaimon-p.nifty.com/blog/2014/10/p1pvol2-145e.html

「うまPナイトvol.2」集合写真
<「うまPナイトvol.2」集合写真>

以上

●サービスに関するお問い合わせ先
 「うまいもんプロデューサー」事務局
 問い合わせフォーム : https://umaimon-p.nifty.com/info/contact
 ニフティ株式会社 WEBサービス事業部 担当:関根、野本

●@niftyのサービスに関するお問い合わせ窓口
 @niftyカスタマーサービスデスク
 0120-32-2210(通話料無料、毎日10:00〜19:00)
 携帯・PHS・海外などからは 03-5860-7600(通話料お客様ご負担)
 http://support.nifty.com/

※「Facebook」はFacebook, Inc.の登録商標です。
※「Twitter」はTwitter, Inc.の商標または登録商標です。
※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。

PDF

PDF版はこちら(426KB)