ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2015年度上半期 > お知らせ > 本文

『ニフティクラウド』、災害復旧に特化したクラウドサービス「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology」を提供

お知らせ

2015年4月1日
ニフティ株式会社

『ニフティクラウド』、災害復旧に特化したクラウドサービス
「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology」を提供
〜「VMware vCloud® Air™」のテクノロジーを活用した国内初のサービス〜
http://cloud.nifty.com/service/air.htm

ニフティが提供するクラウドサービス『ニフティクラウド』は、災害復旧(ディザスタリカバリー、以下DR)に特化したクラウドサービス「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology」の申込受付を本日4月1日(水)から開始し、2015年5月中旬から順次提供します。本サービスは、「VMware vCloud® Air™」が提供する災害復旧サービス「Disaster Recovery」を『ニフティクラウド』の環境にて提供するもので、「VMware vCloud® Air™」のテクノロジーを活用した国内初のサービスです。また、2015年9月末までレプリケーションとフェイルオーバーを無料でご利用いただけるキャンペーンを実施します。

近年、多くの企業でシステムのDR対策が検討されていますが、システム構成の複雑さや運用の煩雑さ、高い移行コストが障壁となり、実現に至らないケースが多くあります。
「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology」は、既存のオンプレミス環境がVMware vSphere で仮想化されていれば、『ニフティクラウド』へのレプリケーションをマウスクリックで簡単に行うことができ、シンプルで実現性の高いDR環境を容易に構築できます。また、『ニフティクラウド』上の仮想サーバー(レプリカ)は「コールドスタンバイ(注1)」の状態で保持され、15分〜24時間の範囲の任意の間隔で同期をとることができます。有事の際には、既存環境のvCenterからの操作でフェイルオーバー(注2)が可能です。万が一、既存環境にアクセスできない場合は、『ニフティクラウド』サポート窓口に電話で指示をいただければ、ニフティのスタッフがお客様の代わりにレプリカの仮想サーバーを起動します。
なお、本サービスは既存環境の仮想サーバーのバックアップ/リストアにもご利用いただけます。今後は、既存環境からクラウドへの移行をより容易にするインポート機能などの提供を予定しています。

<「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology」利用イメージ>

お客様環境から『ニフティクラウド』へのレプリケーション
お客様環境から『ニフティクラウド』へのレプリケーション

『ニフティクラウド』サポート窓口への復旧指示によるVM起動
『ニフティクラウド』サポート窓口への復旧指示によるVM起動


「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology」およびキャンペーンの概要は、以下のとおりです。

■「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology」概要

○サービス名称: ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology
            (ニフティクラウド ディーアールサービス ウィズ ヴイエムウェア ヴイクラウド エア テクノロジー)

○提供開始日 : 2015年5月中旬から順次
            本日4月1日(水)から申込受付開始

○特長
 ・マウスクリックのみで、既存のオンプレミス環境から『ニフティクラウド』へのレプリケーションが可能。
 ・レプリカの同期間隔は15分〜24時間の範囲で任意で設定可能。
 ・有事の際には、既存環境のvCenter操作によるフェイルオーバー、あるいは『ニフティクラウド』サポート窓口への電話指示による
  代理起動が可能。
 ・仮想サーバー(レプリカ)単位のシンプルな課金体系。
 ・Tier4相当のデータセンターで運用され、SLA99.99%の高信頼性を持つ安定したインフラ基盤。
 ・24時間365日の無償サポート。
  ※本サービスは、VMware vSphere で仮想化されたシステムを対象としています。
  ※既存環境へのフェイルバック(注3)は、今後提供予定です。

○利用料金
 ・初期費用  : 無料

 ・レプリケーション(仮想サーバー単位)
    - ストレージ100GBまで :  5,000円/月(税抜)
    - ストレージ500GBまで :  20,000円/月(税抜)
    - ストレージ1TBまで  :  38,000円/月(税抜)
   ※2回/月までのテスト切替を含みます。1回につき7日間起動可能です。
   ※ネットワーク速度は100Mbps(ベストエフォート)です。
   ※ネットワーク転送料を含みます。

 ・フェイルオーバー(仮想サーバー単位) : 20,000円/回(税抜)
   ※1回につき30日間起動可能です。
   ※フェイルオーバーの方法(既存環境のvSphereからの操作/『ニフティクラウド』サポート窓口への電話指示)にかかわらず、
    上記料金が発生します。

 ・ネットワーク接続
   - レプリケーション用ネットワーク(SSL-VPN) : 無料
   - フェイルオーバー用ネットワーク : 『ニフティクラウド』の利用料金に準じる
   ※フェイルオーバーには、『ニフティクラウド』が提供する「プライベートLAN」と、「VPNゲートウェイ」または「ダイレクトポート」
    のいずれかのネットワーク機能が必要です。各料金は以下のページにてご確認ください。
    『ニフティクラウド』料金一覧: http://cloud.nifty.com/price/

○申込方法 : 以下のフォームからお申し込みください。
          https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/cloud/air_auth
          ※「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology」の利用には、『ニフティクラウド』への
           お申し込みが必要です。

○サービスページアドレス : http://cloud.nifty.com/service/air.htm


■キャンペーン概要

○実施期間 : サービス提供開始(2015年5月中旬予定)〜2015年9月30日
○対象者  : 上記期間中に「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology」をお申し込みいただいた方
○内容    : 上記期間中、レプリケーションおよびフェイルオーバーを無料で提供します。




なお、本リリースにあたり、ヴイエムウェア株式会社よりエンドースメントをいただいています。

◆ヴイエムウェア株式会社からのエンドースメント
ヴイエムウェアは、VMware vCloud Air Networkパートナーであるニフティが日本国内で初めてVMware vCloud Airのテクノロジーを活用し、災害対策サービスを開始することを歓迎いたします。ニフティは5年以上にわたってVMwareのソリューションをお客様向けサービスの基盤として利用し、幅広くお客様に提供しています。このたびのVMware vCloud Airのテクノロジーを活用したDRサービスが、ニフティクラウドをお使いのお客様にとどまらず多くのお客様に新たな価値をもたらすことを確信しています。
ヴイエムウェアは、日本国内のハイブリッドクラウドの市場を立ち上げ、“One Cloud, Any Application, Any Device”をお客様に提供するためにニフティと協調を進めてまいります。
ヴイエムウェア株式会社
代表取締役会長
三木 泰雄


当社は、これからも「ニフティとなら、きっとかなう。With Us, You Can.」というコーポレートメッセージのもと、今後もお客様の声に基づいたクラウドサービスを展開していきます。


注1)コールドスタンバイ
コンピューターシステムや通信機器の冗長化方法の一つ。同じ構成のシステムを2系統用意しておき、本番系を稼働させ、予備系は稼働させずに待機状態にしておくこと。本番系に障害が発生した場合、予備系を立ち上げ、本番系から切り替えて稼働させる。

注2)フェイルオーバー
稼働中の本番系システムに障害が発生した場合に、予備系システムに切り替えて稼動させること。

注3)フェイルバック
稼動中の予備系システムから復旧した本番系システムに再度切り替え、元の状態に戻すこと。

以上

●『ニフティクラウド』に関するお問い合わせ窓口
 Tel:0120-22-1200 (通話料無料、平日9:00〜17:45)
 http://cloud.nifty.com/

※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。
※ 特に記載がある場合を除きすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。
※ 内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。

PDF

PDF版はこちら(440KB)