ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2015年度下半期 > お知らせ > 本文

「@nifty WEB販促の窓口」、中小企業のWEB活用に関するアンケート調査を実施

お知らせ

2015年12月9日
ニフティ株式会社

「@nifty WEB販促の窓口」、中小企業のWEB活用に関するアンケート調査を実施
〜WEB販促をビジネスに活用できている中小企業経営者は18%〜

ニフティが運営する、中小企業向けに優良なWEB制作会社を紹介するマッチングサービス「@nifty WEB販促の窓口」では、全国の中小企業の経営者とWEB担当者を対象に、WEBを活用した販売促進活動(以下、WEB販促)に関する調査を行いました。

調査の結果から、WEB販促に取り組めている中小企業はまだ少なく、実施できている企業においても、限られた予算の中でどの施策にどのような費用対効果があるのかがわからずに悩んでいるWEB担当者が多くいる様子がうかがえました。

■調査概要
○調査期間 : 2015年11月13日(金)〜2015年11月16日(月)
○調査対象 : 全国の18歳以上かつ従業員規模が100名以下の企業の経営者、および全国の18歳以上かつ従業員規模が100名以下の
          企業のWEB担当者
○有効回答数 : 300名(経営者、WEB担当者各150名)
○調査方法 : 株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイトの調査パネルを利用したWEBアンケート
 ※調査結果の数値は小数点第二位以下を四捨五入して表示しています。
 ※本調査における「中小企業」とは、従業員規模100名以下の企業を指します。
 ※本調査における「WEB販促」とは、広告出稿・ECなどWEBにまつわるすべての販促活動を指します。
 
■調査結果トピックス
中小企業の約半数がWEB販促を実施しておらず、そもそも予算を割いていない企業も半数以上いる。
  
1.中小企業の48.7%が、WEB販促を実施していない。
2.中小企業の経営者のうち、WEB販促をビジネスに「活用できている」と認識しているのは18.0%。34.7%の経営者は「活用したいと思っているが活用できていない」。
3.中小企業において、販促全体の費用は「月に50万円未満」が64.0%で大多数を占める。51.0%の企業ではWEB販促に予算が割かれていない。
  
  
WEB販促を実施している中小企業のWEB担当者は、少ない予算の中でも効果的な施策を実施したいが、何をすべきか相談できる相手が身近にいない場合が多い。
  
4.WEB担当者がWEB販促を実施する際の具体的な悩みは、「予算がない」(36.1%)、「成果がわからない」(34.3%)、「何をしたらよいかわからない」(28.7%)。
5.WEB販促に不満を持つWEB担当者は、満足しているWEB担当者に比べて「相談する相手がいない」「外注先に相談している」割合が高い。
  

■調査結果の要旨

1.中小企業の48.7%が、WEB販促を実施していない。
グラフ1

中小企業の経営者とWEB担当者の48.7%が、WEB販促を「実施していない」と回答しました。経営者だけを見ると69.3%が「実施していない」と回答しています。一方、WEB担当者においても28.0%が「実施していない」と回答していることから、ホームページなどのWEBサイトを作成したものの、その後思うように運用できていない実態が推察されます。


2.中小企業の経営者のうち、WEB販促をビジネスに「活用できている」と認識しているのは18.0%。34.7%の経営者は「活用したいと思っているが活用できていない」。
グラフ2

中小企業の経営者に対し、WEB販促をビジネスに活用できているかを尋ねたところ、「活用できている」と回答した方はわずか18.0%となりました。34.7%が「活用したいと思っているが、活用できていない」と回答し、47.3%が「活用したいと思わないし、していない」と回答しました。


3.中小企業において、販促全体の費用は「月に50万円未満」が64.0%で大多数を占める。51.0%の企業ではWEB販促に予算が割かれていない。
グラフ3


1カ月あたりの販促活動全体の予算は64.0%が「50万円未満」でした。WEB販促に関しては「予算はない」と回答した方が半数以上となりました。


4.WEB担当者がWEB販促を実施する際の具体的な悩みは、「予算がない」(36.1%)、「成果がわからない」(34.3%)、「何をしたらよいかわからない」(28.7%)。
グラフ4

実際にWEB販促を実施しているWEB担当者に具体的な悩みについて尋ねたところ、85.2%のWEB担当者が何らかの悩みを持っていることが分かりました。もっとも多かったのは「予算がない」で36.1%、次いで「成果が分からない」が34.3%、「何をしたらよいか分からない」が28.7%となりました。限られた予算の中で、どの施策にどのような費用対効果があるのかが分からずに悩んでいる担当者が多いと思われます。

5.WEB販促に不満を持つWEB担当者は、満足しているWEB担当者に比べて「相談する相手がいない」「外注先に相談している」割合が高い。
グラフ5

WEB販促を実施している担当者の相談先は、「同僚」がもっとも多く35.2%、次いで「決裁者」が26.9%となっています。22.2%の方は、社内ではなく「外注先に相談している」と回答しました。また、19.4%の方が「相談する相手がいない」と回答しています。
なお、自社のWEB販促活動に満足している方に比べて、満足していない方は「同僚に相談している」が7ポイント低い一方、「外注先に相談している」と「相談する相手がいない」でそれぞれ5ポイントと6.2ポイント高い結果となりました。ノウハウやトレンドの把握が求められるWEB販促では、身近に頼れる相談相手がいることが、納得できる施策を実施する上で重要なポイントだと考えられます。


「@nifty WEB販促の窓口」では、WEBを活用した販促活動に課題を感じている全国の中小企業に対し、各社の悩みを丁寧にヒアリングした上で、その課題解決に適した制作会社や開発会社を紹介しています。また、中小企業の方を対象にした無料セミナーを開催しています。
サービスの概要および今後開催予定のセミナーについては、以下のとおりです。

■「@nifty WEB販促の窓口」概要
○サービスの特長
 1. 丁寧なヒアリングを通して、要件に合ったウェブ制作会社を紹介
 2. ニフティがおすすめする“頼れる”WEB制作会社と提携
 3. 現場の担当者が語るWEB販促のハウツーやQ&Aなど充実したWEBコンテンツを提供
○利用料金 : 無料
○紹介可能制作会社数 : 約150社(2015年11月30日現在)
○サービスページアドレス : http://hansoku.nifty.com/

■無料セミナーの概要
○開催日時 : 2016年1月14日(木)14時30分〜17時00分
○開催場所 : ニフティ株式会社 セミナールーム
○内容
 ・今のホームページに満足していますか?中小企業WEBサイト課題対策診断
 ・「@nifty WEB販促の窓口」が認定する優良制作会社によるWEBサイト診断
 ・株式会社クラウドワークス様による、企業のクラウドソーシング活用講演
 ・「@nifty WEB販促の窓口」認定の優良制作会社による、制作会社の選び方講座
○セミナーページアドレス : http://hansoku.nifty.com/seminar/20160114/
※申し込み方法などの詳細はセミナーページにてご確認ください。


(参考)上記以外の調査結果
グラフ6


グラフ7


以上

●「@nifty WEB販促の窓口」に関するお問い合わせ窓口
  「@nifty WEB販促の窓口」運営局
  電話 : 03-6807-4493(平日10:00〜17:00) ※通話料はお客様のご負担となります。
  お問い合わせフォーム : https://hansoku.nifty.com/contact/

※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。
※ 内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。

PDF

PDF版はこちら(973KB)