ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2016年度上半期 > お知らせ > 本文

『ニフティクラウド』、新たなスタンダードイメージとして日本マイクロソフトのデータプラットフォーム「Microsoft SQL Server 2016」を今秋から提供

お知らせ

2016年6月28日
ニフティ株式会社

『ニフティクラウド』、新たなスタンダードイメージとして
日本マイクロソフトのデータプラットフォーム「Microsoft SQL Server 2016」を今秋から提供

ニフティが提供するクラウドサービス『ニフティクラウド』は、新たなスタンダードイメージ(注)として、日本マイクロソフトのデータプラットフォーム「Microsoft SQL Server 2016」を今秋から提供します。

『ニフティクラウド』では、「Microsoft SQL Server 2012」などのデータプラットフォームを『ニフティクラウド』のコントロールパネルからオンデマンドかつ月額料金で提供しています。
企業システムにおいてもパブリッククラウドの利用が拡大する中、日本マイクロソフトが6月1日に発売開始した「Microsoft SQL Server 2016」の高速なリアルタイム運用分析やデバイスでの可視化、セキュリティ向上といった新機能を、『ニフティクラウド』の高性能なサーバーと共に提供します。
『ニフティクラウド』は今後も日本マイクロソフトとのパートナーシップを強化してクラウドサービスの拡充を図り、お客様のビジネスを支援していきます。

■「Microsoft SQL Server 2016」の提供について
○サービス名  : Microsoft SQL Server 2016
○提供開始日  : 今秋予定
○提供リージョン     : 日本国内リージョン
○提供インターフェース : コントロールパネルおよびAPI
※具体的な提供開始日および利用料金は、提供開始時に『ニフティクラウド』のサービスページ( http://cloud.nifty.com/ )にてお知らせします。

なお、「Microsoft SQL Server 2016」の提供に際し、日本マイクロソフトよりエンドースメントをいただいています。

◆日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント
日本マイクロソフトは、ニフティ様のクラウドサービス『ニフティクラウド』におけるSQL Server 2016の提供を心より歓迎いたします。
『ニフティクラウド』の多くの実績を誇る高性能な仮想マシンは、SQL Server 2016の信頼性やパフォーマンスを活かすのに適したプラットフォームであり、多くのお客様にデータ活用を通じた新たな価値をもたらすことを確信しています。
今後も日本マイクロソフトは、ニフティ様とのパートナーシップを通じ、クラウドによるお客様のビジネスの発展に寄与してまいります。
日本マイクロソフト株式会社
クラウド&エンタープライズビジネス本部
業務執行役員 本部長
佐藤 久


注)スタンダードイメージ
『ニフティクラウド』が提供する、標準的なOSおよびミドルウェアがインストールされたイメージ。サーバー作成画面で選択できる。

以上

●『ニフティクラウド』に関するお問い合わせ窓口
 Tel:0120-22-1200 (通話料無料、平日9:00〜17:45)
 http://cloud.nifty.com/

※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。
※ 内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。

PDF

PDF版はこちら(325KB)