ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2016年度下半期 > プレスリリース > 本文

ニフティの再編について

プレス

2017年1月31日
富士通株式会社
ニフティ株式会社

ニフティの再編について

 このたび、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)は、ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三竹 兼司、以下、ニフティ)のISPを中心とするコンシューマ向け事業を、2017年4月1日を効力発生日として吸収分割の手法により、富士通が新設する100%子会社に継承させます。これによりニフティを、クラウドを中心とするエンタープライズ向け事業会社(以下、クラウド事業会社)と、ISPを中心とするコンシューマ向け事業会社(以下、コンシューマ事業会社)に再編します。
 富士通は、新たな経営方針の下、つながるサービスへのシフトを進めながら、持続的成長に向けたビジネスモデル変革に取り組んでいます。今回の再編を機に、富士通、およびクラウド事業会社の連携を強化することで、両社がもつ顧客基盤やノウハウを共有し、グループ一丸となって、つながるサービスの中核となるクラウド事業を強化していきます。
 一方、コンシューマ事業会社については、ニフティが培ってきたノウハウや資産を有効活用しつつ、企業価値をさらに高めるため、2017年4月1日に富士通が持つ同社の全株式を株式会社ノジマ(本社:神奈川県横浜市、代表執行役社長:野島 廣司、以下、ノジマ)に譲渡します。

1.クラウドを中心とするエンタープライズ向け事業について
 富士通は、お客様のデジタル革新を支えるデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(フジツウ デジタル ビジネス プラットフォーム メタアーク、以下、MetaArc)」を展開し、お客様システムの最適化とビジネス貢献を目指しています。今回、富士通の保有するクラウドビジネスのノウハウや顧客基盤と、ニフティがこれまで培ってきた「ニフティクラウド」のノウハウや実績とを組み合わせることにより、更なるクラウド事業基盤の強化・拡大を図ります。具体的には、売上成長が顕著な「ニフティクラウド」について、引き続きその特長を活かしたお客様への俊敏かつ短期間でのサービス提供に努め、合わせて富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5(フジツウ クラウド サービス ケイファイブ、以下、K5)」のラインナップに加えることで、お客様のクラウド活用への対応力を強化します。富士通の「MetaArc」、「K5」の更なる強化に向けて、クラウド事業会社と緊密な連携を図っていくことにより、お客様のクラウドファーストニーズに応えて参ります。

【クラウド事業会社の概要】(2017年4月1日時点)
(1)商号:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
(2)事業内容:クラウド事業
(3)本店所在地:東京都新宿区
(4)新体制発足日:2017年4月1日(予定)
(5)代表者:愛川 義政
(6)資本金:1億円
(7)株主:富士通株式会社 100%


2.ISPを中心とするコンシューマ事業について
 ISPを中心とする事業を継承するコンシューマ事業会社は、富士通が持つ同社の全株式をノジマに譲渡することで、ノジマグループの一員になります。
 コンシューマ事業会社は、ニフティのブランド価値、提供サービス並びにお客様基盤の維持を最優先に、ノジマグループが持つ実店舗網や営業力とのシナジーを活用しながら、引き続き事業を拡大していきます。IoT時代のスマートライフのハブとなることを目指す同グループにおけるIoT領域の中核企業として、長年にわたり培ってきたネットワークやWebサービスの企画・開発力を存分に発揮し、今後も独自性あるサービス提供を通して企業価値向上に邁進していきます。

【コンシューマ事業会社の概要】(2017年4月1日時点)
(1)商号:ニフティ株式会社
(2)事業内容:ISP事業、Webサービス事業
(3)本店所在地:東京都新宿区
(4)設立年月:2017年2月(予定)
(5)代表者:三竹 兼司
(6)資本金:1億円
(7)株主:株式会社ノジマ 100%(2017年4月1日に富士通から株式譲渡)

以上

【商標について】
 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

PDF

PDF版はこちら(125KB)