ニフティの社会活動

学習の手引き

【先生・保護者の方へ】

『心をつなぐネット・コミュニケーション講座~上手なメールの使い方~』は、子どもたちがメールの特性を理解した上で、メールの適切な使い方と、メールを含む、時と場に応じたコミュニケーションの取り方について理解させることを目的としています。

子どものスマートフォン・携帯電話の所有状況は年々高まる一方、メールのやりとりが原因で人間関係のトラブルを起こすケースも後を絶ちません。しかし、「トラブルが起こるから使わせない」ということでは、これからの情報化社会で子どもたちがよりよく生活するスキルを身につける機会を失うことにもなりかねません。

子どもたちは、短い文章でメールをやりとりする傾向があり、誤解が生じやすいこと、自分の気持ちを言語で表現する力が未熟であることなどがトラブルの要因として考えられます。

本教材は、ネット・コミュニケーションの特性を子どもたちに伝え、自分が陥りやすいメールの落とし穴に気づいてもらい、メールの上手な使い方を体感しながら学習できるように作りました。

学校で情報モラル教育の補助教材として、またスマートフォン・携帯電話を子どもに持たせている(今後持たせる予定の)ご家庭において、子どもたちにメールの上手な使い方を習得させるための教材としてご活用いただければ幸いです。

※教材では携帯メールとなっておりますが、スマートフォンやグループチャットアプリ等でも同様の危険として学ぶことが出来ると思いますので、補足いただければと思います。

【教材について】

『心をつなぐネット・コミュニケーション講座~上手なメールの使い方~』は、
基礎講座、実践講座の2つの講座(授業)からなります。

「基礎講座」

心をつなぐネット・コミュニケーション講座~上手なメールの使い方~ 基礎講座
対象 中学生(主に中学1年生)
ねらい 大人になってメールを有効利用できるようになるために、メールの特性を理解し、子どもたち自身が自分のコミュニケーションの癖やスキルの修得度なども理解した上で、情報交換ツールとしてのメールを上手に使いこなせるようになること。
授業単元 道徳、総合的な学習、市民科ステップ1,2(品川区)(50分授業)
内容: (コンテンツ) (1)メールトラブル事例
(2)メールを上手に使うための3つのステップ
(3)メール・コミュニケーション 4コママンガ

「実践講座」

心をつなぐネット・コミュニケーション講座~上手なメールの使い方~ 実践講座
対象 中学生(主に中学1年生)
ねらい 基礎講座で学んだメールを上手に使うための知識を、実際の友だち関係におけるコミュニケーションに生かすことができるようになること。
授業単元 道徳、総合的な学習、市民科ステップ2,3(品川区)(50分授業)
内容: (コンテンツ) (1)基礎講座のふりかえり
(2)実践ロールプレイング「自分ならどうする?」
(3)ワンポイント講座「ネットコミュニケーション・トレーニング」

※本教材は、基礎講座の後で実践講座を実施することで、基礎講座で学んだ知識が身につくように作っておりますが、基礎講座・実践講座のみ単独でご利用いただくことも可能です。

【参考文献】

インターネットリテラシ読本「“ネット”と上手く付き合うために」 : 一般社団法人インターネットユーザー協会
本当に怖い「ケータイ依存」から我が子を救う「親と子のルール」 : 藤川大祐氏著(主婦の友社)
クラス会議で子どもが変わる―アドラー心理学でポジティブ学級づくり : ジェーン・ネルセン氏他著(コスモス・ライブラリー)
演じることで気づきが生まれるロールプレイング : 丸山隆氏・八島禎宏氏著(学事出版)


【このサイトについて】

推奨環境

現在当サイトは、次の環境にて動作を確認しております。より安全で快適にご利用いただくために下記のブラウザー、あるいはプラグインなどが必要です。 お使いのソフトウエアのバージョンをご確認ください。なお、動作環境が変わることがありますので、ご了承ください。

OS, ブラウザー
Windows Vista/7/8/8.1/10 以上
解像度
1024×768ピクセル以上
プラグイン
本ホームページ内の一部のページでは、Adobe Flash Player 9 以上が必要となります。また、PDFファイルを閲覧・印刷する場合にはAdobe Acrobat Reader 8.0以上が必要となります。

著作:ニフティ株式会社
協力:品川区教育委員会、一般社団法人インターネットユーザー協会