ニフティの社会活動

学習の手引き

先生・保護者の方へ

2008年6月より、東京都品川区の小学校において、「情報モラル」教育の出前授業を、そして、保護者・先生方向けには、「ネット社会で子どもを被害者にも加害者にもしないために」というテーマで「情報モラル講座」を開始いたしました。

このサイト(インターネット体験ドリル)は、インターネットを安全に使うための知識を理解した子どもたちが、実際にインターネットの危険を再現した疑似サイトをパソコンで操作することで、危険回避方法を実体験しながら学ぶことができるように作っております。

学校やご家庭において、インターネットを安全に使うため教材としてご活用いただければ幸いです。

教材について

以下の教材(コンテンツ)を用意しております。状況に合わせて選択してお使いください。

※教材では携帯電話でのシーンとなっておりますが、スマートフォンでも同様の危険として学ぶことが出来ると思いますので、補足いただければと思います。

vol タイトル ねらい ストーリー
1 好きなアイドルや芸人に会えるかも?!
  • 個人情報を送る危険
  • ネットで知り合った人に会いに行く危険
パソコンで好きなアイドル(芸人)を検索していたら、サイン会ご招待のサイトを見つけた。個人情報を送ると、大当たり!写真撮影もできるというので、指定された場所に会いに行ってしまい、そこにやってきた人に車で連れ去られてしまった。
2 アンケートでおこづかいが当たる?!
  • 個人情報を送る危険
  • 振り込め詐欺の危険
携帯電話に、アンケートに答えると抽選でおこづかいプレゼントのメール。メールに記載されたURLにアクセスしアンケートに答えると、抽選の結果、大当たり!すぐに登録しないと当選が無効になるというので、個人情報を登録したのだが、その後、お金を振り込めという電話がかかってきてしまった。

教材の構成

各教材は、以下の3つの構成になっています。

教材の構成

(1)体験モード:一連のストーリーを通じて、インターネットに潜む危険を体験できます。

(2)復習モード:ストーリーの途中で、「どうやったら危険を回避できるか?」を、選択しながら学ぶことができます。

復習モードの画面遷移例【選択問題の例】

(3)まとめドリル:5問の練習問題があり、「何がいけなかったのか?どうしたらよかったのか?」を子どもたちに考えさせることができます。

まとめドリルの画面遷移例

授業での使い方

小学校のパソコンルーム等で、子どもたちがパソコンを操作しながら学ぶことができます。
サイトURL: http://www.nifty.co.jp/csr/edu/school/

この教材を授業で使う場合、ワークシートはこちらからダウンロードしてお使いください。

以下に45分授業でご利用いただく場合の学習内容と方法(例)を記載します。

導入 【目的】インターネットを安全に使うために大切なことを学習する
5分 「インターネットにある情報は全て正しく安全であるとはかぎらない」(いろいろな人がいろんな目的でインターネットを使っているということ)について、こちらの資料を使って説明。
展開 【目的】インターネット体験ドリルとまとめドリルを使い、インターネットの危険をパソコンを操作しながら体験させ、安全に使うために気をつけなければならないことを実感させる。
5分 操作方法を説明(注1)
15分 Vol.01「好きなアイドルや芸人に会えるかも?!」
①体験モードで危険性を体験させる。
②復習モードで途中、どうやったら危険が回避できるかを選択させながら学ばせる。
③5問のまとめドリルで、何がいけなかったのかを子どもたちに考えさせる。
15分 Vol.02「アンケートでおこづかいが当たる?!」
①体験モードで危険性を体験させる。
②復習モードで途中、どうやったら危険が回避できるかを選択させながら学ばせる。
③5問のまとめドリルで、何がいけなかったのかを子どもたちに考えさせる。
まとめ 【目的】学習したことを振り返り、インターネットを安全に使おうという気持ちを高める。
5分 体験して感じたことを発表させる。

インターネット体験ドリルのトップページの構成


(注1)やり方 Vol.01, Vol.02 を選んで子どもたちに使わせてください。「体験する」をクリックすると、各教材(コンテンツ)が起動します。 (子どもたちが操作する各端末には、Adobe Flash Player(無料)をインストールしておく必要があります。インストールはこちらのサイトから行ってください。)

このサイトについて

推奨環境
現在当サイトは、次の環境にて動作を確認しております。より安全で快適にご利用いただくために下記のブラウザー、あるいはプラグインなどが必要です。 ご利用のソフトウエアのバージョンをご確認ください。なお、動作環境が変わることがありますので、ご了承ください。

OS, ブラウザー
Windows Vista/7/8/8.1/10
Internet Explorer 11 以上

解像度
1024×768ピクセル以上

プラグイン
本ホームページ内の一部のページでは、 Adobe Flash Player 9 以上が必要となります。また、PDFファイルを閲覧・印刷する場合にはAdobe Acrobat Reader 8.0以上が必要となります。

デザイン
このサイト内の教材は、ペルソナマーケティング手法を用いて作成しております。 ペルソナマーケティングは、 子どもたち、保護者、先生方のそれぞれの立場を体験しながらデザインを企画していく手法です。今回使用した「富士通 キッズコンテンツ作成ハンドブック ペルソナマーケティング編」は、NPOキッズデザイン協議会による「第2回キッズデザイン賞」を受賞しています。子どもたちの視点で考えることで、より深い体験ができるよう 考慮いたしました。