クリエイティブ

鈴木 結未花

Yumika Suzuki

2017年(新卒採用)

鈴木 結未花鈴木 結未花

学生時代に頑張っていたことは?

美術大学で、友達数人と動画を作ったり、コンペやワークショップに参加したりしていました。私がいた学科はものを綺麗に作ろう、というよりは調べたことに対して自分なりの考えを持ちそれを相手に伝えよう、という考え方のところで、イラスト・造形・WEB制作など、様々な分野を得意とする学生がいました。
自分にとって大きな転機となったのは、3年の時に参加したワークショップです。そこでの経験から、皆と議論しながらものづくりをする楽しさを知りました。
私はイラストもあまり上手く描けないし、動画やWEB制作もそれほど得意ではないんです。でも、みんなで議論して制作を進める中で「意見をまとめるのが上手だね」「話を聞いてもらえて助かった!」と言ってもらえて、「ものを作る」といっても技術で頑張るだけではなく、作る人を支えるポジションもあるのだな、と気づきました。大変な時もありましたが、みんなの後ろにいて「全員ちゃんとついていっているかな?」と気を配る役が性に合っていたのだと思います。

鈴木 結未花 鈴木 結未花

ニフティに入社を決めた理由は?

PCを使うのが好きだったこともあり、就職活動ではWEB系の仕事を探していました。周りはほとんどデザイナー志望でしたが、私は大学3年の時に参加したワークショップを機に考えが変わり、企画職を志望していました。というのも、実際に制作をする段階に入ったとき、あまりチームに貢献できなかったんですね。単純作業はできるけど、魅力的なデザインや装飾に関するアイディアがすぐに出てこなくて。そのとき「自分はデザイナーではないのだな」と感じました。私は実際に制作をすることよりも、その前段階にある、調べること・調べたことについて考えることの方が好きなのだと思います。

会社を選ぶ基準としては、特に社員の雰囲気を大事にしていました。がつがつした感じは苦手で…。2日間の企画向け夏季インターンに参加した時、ニフティでは会う人皆話が合うし、話しやすいと感じました。それにアフターフォローが多いし、面倒見がいい。みなさんすごく気にかけてくださいます。他社では気軽に話せる感じではないと思うと選考への意欲は下がったし、選考もあまり進みませんでした(笑)。実際に入社してからも、人の良さは思った通りでした!

業務内容について

私がいるチームでは、企画や営業の方と協力しながらニフティのMVNOや接続サービスのサイト全般の制作・運営・改善を行っています。先日まではNifMoや接続サービスのサイトの修正を担当していましたが、最近は会員サポートサイトにシフトし、運営や改善に携わっています。具体的にはサイトのログ解析を通して課題を発見し、改善提案を行っています。

仕事にやりがいを感じるときは?

私がいるチームでは、企画や営業の方と協力しながらニフティのMVNOや接続サービスのサイト全般の制作・運営・改善を行っています。先日まではNifMoや接続サービスのサイトの修正を担当していましたが、最近は会員サポートサイトにシフトし、運営や改善に携わっています。具体的にはサイトのログ解析を通して課題を発見し、改善提案を行っています。

一日のスケジュールは?

一日のスケジュールは?

今後チャレンジしてみたいこと

現在の部署に配属される際の面談で薦めていただいたこともあり、将来はUXも考えられるデザイナーになりたいです。
WEBサイトはお客様と直接関わる大事な場所だと思うので、快適にサイトを利用していただくためにはどうすればよいか考えていきたいです。そしてそのためには、企画を考えるだけ・ものを作るだけの人ではなく、自分で考え、自分の手を動かしてものを作れる人になれるといいなと思います。企画とデザインのいいとこどり、といった感じでしょうか。こういうものを考えたから作ってね、と投げるよりは、実際に作ってみたものを見せてフィードバックを得られるようになると、話がスムーズに進みますし、お客様の課題をいち早く解決できるようになると思います。

ニフティのいいところは?

相手を尊重してくれるところ、会社の利益よりも個人を大切にしてくれるところだと思います。
インターン後のフォローでは「一番大切なことは、あなたにとっていい会社に入ること」「会社の規定に縛られることなく、あなたが好きなようにいられる環境がいいんだよ」というスタンスで対応してくださり、他の会社とは違う、のびのびとした雰囲気に好感を持ちました。
また、現在の部署に配属される際の面談でUXデザインの話が出た時の「会社としてやってほしいというのはもちろんあるが、それ以上に今後のキャリアを考えると必要なスキルだから」という言葉に、きちんと人を見てくれているのだなと感動しました。

どんな人と一緒に働きたい?

鈴木 結未花鈴木 結未花

言葉で説明するのは難しいですが、今のニフティと同じような雰囲気を持つ人がいいですね。相手を尊重できる人、意見やアドバイスを素直に受け止められる人、一緒に楽しめる人…などでしょうか。漠然としていますが、相手に嫌な思いをさせない、一緒に快く仕事ができる人と働きたいです。

※業務内容は取材時時点の内容となります。