エンジニア

長谷川 敬

Takashi Hasegawa

2015年(新卒採用)

現在の業務内容

2017年まではニフティアルバイトのアプリ開発を、現在はニフティ不動産の開発全般を担当しています。
追加する機能の仕様を作成し、設計、実装、テスト、リリース、次の機能の仕様を作成……、というサイクルを日々回しています。

思い出深い仕事は?

2017年の秋にリリースした、ニフティアルバイトの新着通知機能です。設定した条件で新しいアルバイト案件が掲載されるとLINEで通知が来る、という機能なのですが、サーバ側(LINEにメッセージを送る部分)も全部一人で担当していました。
アプリ側で2つ新しい画面を作って、アプリでの検索条件をサーバに保存。そのサーバで特定の時間になったら検索を行い、新着案件があればLINEに送信する、という仕組みを作りました。
アプリもサーバもLINEとの連携も……と、サーバを立てるところ以外はほぼ1人で担当させてもらったので、出来上がった時には表から裏まで一通り作れたという達成感がありました。

ニフティに入社を決めた理由は?

学生時代にサイトやアプリを作っていて、将来はWEB業界かなと漠然と考えていたとき、研究室の先輩から「長谷川君ニフティみたいな面白い会社好きそうだよね」と紹介されたのがきっかけです。当時ニフティではデイリーポータルZというおかしなポータルサイトを運営していたり、男子スイーツ部がフタバ食品とコラボしてアイスクリームを作ったりしていました。ISPという真面目な事業をしていながら、こういった面白いことにも取り組んでいる会社なのだと知り、ここなら自分がやりたいことを自由にやらせてもらえるのではないかと思いました。
修士1年の夏にニフティの開発インターンに参加しましたが、実際に社員と話してみて感じた雰囲気も好きでした。柔らかく接してくれる人が多い、あたたかい感じが好印象でしたね。会社を選ぶ軸の1つとして働きやすさを重視していたのですが、ニフティが一番「居心地良さそうだな」と感じたのが、最終的に入社を決めた理由だと思います。

エンジニア定例について

WEBサービス開発グループでは毎年、3年目以上の社員が講師となって、2年目社員を育成する研修があります。
週1回の座学でWEBサービスの基礎から教えていき、最後に皆で集まって実際にサービスを作る合宿を行います。
業務で特定のサービスを扱っていると、どうしても触れない技術や領域が出てきてしまいます。例えば、アプリ開発を担当していると、サーバやデータベースのことがあまり分からない、といった感じです。そのため、最低限の知識や最新動向を一通り学ぶ機会をつくろう、という趣旨で研修を行っています。
私もこの研修を通してサーバーサイドの開発を経験したからこそ、先述の新着通知機能もスムーズに作ることができたと思っています。

一日のスケジュールは?

やりがいを感じるときは?

やはり自分が作ったものを使ってもらえたと分かるタイミングですね。
自分が改修した機能を使ってくれて、応募数が伸びたり、ユーザーの満足度が上がったりするのが数字やメッセージで分かると、作ってよかったなと思います。
また、ここを使いやすくしてほしいといったユーザーからの要望をいただいた時には、もっと頑張らなければ、と励みにしています。不便や不具合があった時は頑張って修正しますし、機能を提案していただいたときなど、サービスへの思いが感じられて嬉しいと感じることも多いです。

LT大会について

3ヶ月に1回、全社のエンジニアから参加者を募ってLT(Lightning Talk)大会を開催しています。5分程度のプレゼン形式で、開発や技術に関する話題を発表する場です。
部署に配属されて特定のサービスを担当していると、なかなか他部署のエンジニアと交流する機会が少ないんです。特にWEB事業とISP事業では使っている技術も大きく異なりますし、そもそもフロアが違うというのも理由のひとつです。でも同じ会社にいるエンジニアなのに、交流がないのはもったいないなと感じていました。
そこで、業務での取り組みやつまづき、関心を持っている技術などの情報を気軽に共有できる場を提供したいと考え、このイベントを始めました。WEBでこういう技術使っていたから話を聞いてみようとか、お互いに聞き合えるような、交流が活発になるきっかけになればと思っています。

どんな人と働きたい?


ユーザーの視点に立って、この機能はどうだろうとか、ここを少し変えたら使いやすいんじゃないか、といったことを常に考えられる人と働きたいです。作ったものを実際に手元で動かしてみて、そこで感じた使いづらさや気づきをふまえて改良していく機会が頻繁にあるので、どんどん自分でサービスを利用して、改善していける人だといいなと思います。
あとは、データ分析ができる人ですね。ニフティのWEBサービスには、蓄積されたまま活用しきれていないログやデータがまだまだたくさんあるので、そういうデータを分析して改善提案ができる人がいるといいなと思います。自分でも分析や提案ができるように努力はしていますが、学生時代から取り組んできた人にはまだまだ敵わないので、そういう人と一緒にサービスを改善していきたいです。

※業務内容は取材時時点の内容となります。