ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2014年度上半期 > プレスリリース > 本文

物理サーバーやストレージを専有環境にて利用できる「ニフティクラウド 専有コンポーネントサービス」を提供

プレス

2014年5月13日
ニフティ株式会社

物理サーバーやストレージを専有環境にて利用できる
「ニフティクラウド 専有コンポーネントサービス」を提供
〜さらにネットワーク機能を強化し、企業のハイブリッドクラウド対応を支援〜

ニフティが提供するクラウドサービス『ニフティクラウド』は、物理的に専有されたハードウェアで構成された環境にてサーバーやストレージなどのITリソースを利用できる「ニフティクラウド 専有コンポーネントサービス」を、2014年6月以降に提供開始します。また、ネットワーク機能の強化を実施し(今秋予定)、企業のハイブリッドクラウド対応を支援します。

クラウドサービスの普及とともに、企業の基幹系システムにおいてもクラウド化への要望が高まっています。しかし、オンプレミス環境と同等の高いセキュリティや性能要件、連携するシステムとのネットワーク構成の維持といった要件が、クラウド化のハードルとなっています。

今回提供開始を予定している「ニフティクラウド 専有コンポーネントサービス」は、『ニフティクラウド』上に物理的に専有されたハードウェアで構成された環境を構築し、サーバーやストレージなどのITリソースを利用できるサービスです。『ニフティクラウド』上のパブリッククラウド環境との連携も可能で、専有環境の高い機密性によりセキュリティ要件を満たしながら、パブリッククラウドの俊敏性や拡張性を生かしたシステムを構築できます。さらに、ネットワーク機能の強化では、オンプレミス環境と同様のネットワーク体系を『ニフティクラウド』上に構築できるようになるなど、オンプレミス環境とクラウド環境をよりシームレスに接続することが可能になります。
『ニフティクラウド』は、これらのサービスや機能によって、オンプレミス環境とクラウド環境を組み合わせることで双方の利点を生かしたシステムを構築する「ハイブリッドクラウド」対応を容易にし、企業がさまざまな要件に合わせて最適なシステム環境を構築することを支援していきます。

<「ニフティクラウド 専有コンポーネントサービス」とネットワーク機能強化イメージ>
<「ニフティクラウド 専有コンポーネントサービス」とネットワーク機能強化イメージ>


各サービスおよび機能の概要と特長は以下の通りです。

◆ニフティクラウド 専有コンポーネントサービス
○概要
物理的に専有されたハードウェアで構成された環境にて、サーバーやストレージなどのITリソースを月額で利用できるサービスです(依頼要件に応じた最低利用期間あり)。
サービス提供開始時点で利用できるコンポーネントは、物理サーバー、ストレージです。また、機能コンポーネントとしてOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)を提供します。今後、ロードバランサーなどのネットワークコンポーネントを提供予定です。

○特長
・自社で物理リソースを保有することなく、物理的に専有されたクラウド環境の構築が可能です。
・『ニフティクラウド(パブリッククラウド)』と連携可能で、パブリッククラウドの俊敏性、拡張性と、専有環境の高い機密性や性能、
 双方の利点を生かしたシステムを構築できます。

◆ネットワーク機能強化
○概要
『ニフティクラウド』上にオンプレミス環境と同様のネットワーク体系を構築し、オンプレミス環境と『ニフティクラウド』をL2TPv3/IPsec(L2)(注)で接続することによって、オンプレミス環境とのシームレスな接続が可能になります。

○特長
・従来のクラウド型ネットワークでは実現できなかった、オンプレミス環境と同様のネットワーク構成が可能になることで
 自由度が増し、運用管理性が向上します。
・オンプレミス環境に設置したシステムのIPアドレスを変更せずにクラウドに移行することが可能になるため、連携システムの
 設定変更などの負担を大幅に削減可能です。


各サービスおよび機能の詳細な仕様や価格は、提供開始時に以下のアドレスにてお知らせします。

○『ニフティクラウド』公式サイト http://cloud.nifty.com/


なお、本発表に際し、『ニフティクラウド』のインテグレーションパートナーである株式会社PFUよりエンドースメントをいただいています。

 <株式会社PFUからのエンドースメント>
  株式会社PFUは、ニフティ株式会社の「ニフティクラウド 専有コンポーネントサービス」の発表を心より歓迎致します。
  「ニフティクラウド 専有コンポーネントサービス」は、クラウドと物理専有環境の双方の利点を活かし最適に組合せて
  ご提案できる新しい形のハイブリッドクラウドであり、企業の基幹系システムのクラウド化を推進する強力な解決策に
  なるものと確信しております。
  今後も弊社は、ニフティ株式会社との協業をはかり、お客様へクラウドを活用した最適なインフラをご提供することに
  注力してまいります。

                            株式会社PFU 第一インフラソリューション事業部 事業部長 高野 幸人


また、2014年5月14日(水)〜5月16日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「第5回 クラウド コンピューティングEXPO【春】」に『ニフティクラウド』を出展し、ブース内セミナーにて「ニフティクラウド 専有コンポーネントサービス」の活用例についてご紹介します。

■「第5回 クラウド コンピューティングEXPO【春】」出展概要
○開催日時:2014年5月14日(水)〜 5月16日(金) 10:00〜18:00(最終日のみ17:00終了)
○会場:東京ビッグサイト 〒135-0063 東京都江東区有明 3-11-1

 詳細は以下アドレスをご確認ください。
 http://cloud.nifty.com/promo/expo2014/


当社は、これからも「ニフティとなら、きっとかなう。With Us, You Can.」というコーポレートメッセージのもと、今後もお客様の声に基づいたクラウドサービスを展開していきます。


注) L2TPv3/IPsec(L2)
インターネットを通じてL2VPN(Layer 2 Virtual Private Network)を構築するための通信方法。インターネット上にVPNを構築するプロトコルL2TPv3(Layer 2 Tunneling Protocol version 3)と、データを暗号化して送受信するためのプロトコル IPsec(Security Architecture for Internet Protocol)を組み合わせたもの。

以上

●『ニフティクラウド』に関するお問い合わせ窓口
 Tel:0120-22-1200 (通話料無料、平日9:00〜17:45)
 http://cloud.nifty.com/

※ Oracleは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。

PDF

PDF版はこちら(380KB)